ここから本文です

恋のためらい/フランキーとジョニー (1991)

FRANKIE AND JOHNNY

監督
ゲイリー・マーシャル
  • みたいムービー 67
  • みたログ 588

3.90 / 評価:135件

ドビュッシーの音楽に感極まる。

  • エル・オレンス さん
  • 2018年9月12日 22時43分
  • 閲覧数 521
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

同監督作『プリティ・ウーマン』(1990)は今一つでしたが、本作は「観て良かった」と素直に思える出来栄えでした。

正直中盤までは魅力を感じられませんでしたが、ヒロインの過去の告白から始まり、ドビュッシーの『月の光』がラジオから流れ始める一連のラストシーンが本当に秀逸で、涙がこみ上げたほど感極まりました。こんなにもドビュッシー音楽が輝く映画は他に無いでしょう。そして彼の音楽と共に夜明けを迎え、男女が微笑み合いながら歯磨きをするシーンは、とても印象的でした。

他にも、フランキー&ジョニーがキスする瞬間、バックが一面の花にブワっと変わる演出なども好きです。

『スカーフェイス』(1983)の頃とはまた違ったアル・パチーノ&ミシェル・ファイファーを楽しめる一本。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ