好奇心

LE SOUFFLE AU COEUR/MURMUR OF THE HEART

118
好奇心
3.6

/ 28

25%
25%
39%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)


  • bar********

    4.0

    いろいろ考えさせられた映画

    好奇心。いろいろ書いてみて、消して、書き直して……と。 いろいろなことを考えながら書きまして、ようやくこんな感じかな、と思ったのでレビューを書いています。マル監督なりの「青春」でしょうか。青春という言葉は一言では語り尽くせないと思います。多分この主人公の少年は、自分たちが持っていないものへ羽ばたきたかったのだと思います。その様子をきっちりとマル監督は描いています。 ただ私自身……この少年たちとは正反対の道へ進みましたので(持っている物も求めている物もまったく違った)、ちょっと穏やかな気持ちでは見られませんでした。少年にとって近親相姦も、ひとつの階段に他ならなかったのだと思います。でも私は、どちらかといえば『禁じられた恋の島』(アルトゥーロの島)のアルトゥーロのような男性的な物に憧れる少年だったので、このフラフラとしたフランスの少年たちはあまり好きになれませんでした。この作品が完全にとあるタイプの少年の味方になって描いているのも気になりました。もう少し幅広い視点で描かれていれば、もっと違ったと思いますが、そうすると主題が不明確になるかもしれませんね……。 人を選ぶと思います。好みの差が出るような映画です。表現の力はなかなかのものですが……それでも、私はマル監督はどこか好きになれない(先鋭的になりすぎている……キューブリックのような……)性質があります。『地下鉄のザジ』でもときどきそういうポイントがあって、釈然としなかったことがあります。自分のセンスを出す以外の目的のなさそうなシーンとか……極端な意見を持ったシーンとか…… でもまたマル監督の作品は見たいと思っています。

  • e_s********

    5.0

    独身の頃は、楽しめた(^_^;

    母と息子の、近親相姦… 私にも、息子が二人いるので、どうしても構える(^_^; 私には、ぜーーーーったい有り得ない世界だが、本作の母と息子は、それが実にしっくりくる 若く、美しい母親… 末の息子、ローラン15才 勉強が出来、父親は医者、経済的にも恵まれている 兄たちの影響で、酒もタバコも女も、何でもあり… ただ、病気を抱え、全てに満足できる状況でもない… いろんなことに、手を出してみても、やっぱり、ママが好き! 療養所での風景が、なんとも優雅! お金持ちの病弱な子らが、高級ホテルのような所で、静養なのか、バカンスなのかわからない(^_^; すごい所があるもんだ! フランス、イタリア人のママ、そして、さらりと戦争の話題を挟み、流れる音楽は、ジャズ~♪ 近親相姦ものでありながら、笑って、FINなんて、素敵だわ~♪ 勿論、それは、映画の中の出来事だから…!

  • 一人旅

    5.0

    なぜか妙にドキドキする・・・

    ルイ・マル監督作。母親に恋する少年ローランのお話。母に対する子の禁断の愛情をストレートに描いているのが新鮮。母親が年上の少年に迫られそうになった時に必死になって阻止したり、兄弟たちが母親に意地悪する中、ローランだけが母親の味方になるなど、実の母へのアピールと嫉妬が凄まじい。母親はそんなローランの熱い想いはつゆ知らず、夫以外に愛人を作ったりとかなりの遊び女。それゆえローランにとってはたまったもんじゃない。

  • じゃむとまるこ

    5.0

    ネタバレルイ・マルの”粋”

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ora********

    5.0

    ネタバレ近親相姦?まいっか。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • y09********

    4.0

    ルイ・マルはやっぱりエロ路線で

    エロテーマでない作品もありますが、やっぱりこっちの方がいい! こんなにかわいく厳しくない少年映画も撮ってて、楽しいったらありゃしません! セックスと一緒に表現されがちな暗さや後ろめたさもなく生き生きと…でも母の不倫の顛末など、チラッチラッっと恋やセックスのバランスをかいま見れたり、少年の若さの勢いが素晴らしい言葉もサラリと発していたり 近親姦もルイ・マルが撮るとこんなに周到で粋なんだ~と感心しきり 途中ちょっと長く感じたけれど、フランス人とのエロ体力の違いでしょうか そういう意味で覚悟して見てください ただのエキストラまでも、何とな~くエロい空気に包まれている、これぞルイ・マル、フランス映画!

  • 4.0

    ネタバレルイマルと偽ビョルンによる爽快青春映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • m87********

    5.0

    羨ましい

    十五才で朝帰りか。ワタクシだって初の朝帰りは十ハの時なのよ。 羨ましいわ、まったく! てなわけで近親相姦という題材を扱いながらもコミカルに見せていて見やすく、笑えるシーンもある。 後半の危うい関係と雰囲気が堪らない。

  • いやよセブン

    5.0

    これもルイ・マルの自伝的要素があるのでは

    主人公はお金持ちの息子、3人兄弟の15歳になる末っ子で綺麗なお母さんが大好きだ。 お母さんも末っ子で体の弱い主人公をお気に入りで猫っ可愛がっている。 そんなお母さんに愛人がいて時々浮気していることを知り、なんか制御できない嫉妬心が湧いてくる主人公だった。 思春期の少年の行動、とくに性への興味を強調しているが、何かしら身に覚えのあるものとしては、恥ずかしさを覚えるのも事実。 甘い、といえばそれまでだが、面白く観させて貰った。

1 ページ/1 ページ中