ここから本文です

絞殺魔 (1968)

THE BOSTON STRANGLER

監督
リチャード・フライシャー
  • みたいムービー 27
  • みたログ 111

3.86 / 評価:37件

フライシャー流「サイコ」

  • すかあふえいす さん
  • 2014年11月30日 21時49分
  • 閲覧数 639
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

フライシャーの緻密な演出とシンプルな面白さが光る傑作の一つ。
フライシャーは「その女を殺せ」や「ミクロの決死圏」等アクション&スパイの優れた監督だが、まさか「ミクロの決死圏」の後にまたこんな凄い映画を撮っていたとは。
他の作品に比べるとかなり地味な印象もあるが、それでもフライシャーらしい演出が光る作品だ。
「実在のボストン連続絞殺魔事件」をモデルにした作品。
複数のカットを同時に見せる実験的な仕掛け、淡々と殺しのドラマとそれに歯噛みしながら捜査を続ける警察たちの姿を映していく。
とにかくヘンリー・フォンダがカッコイイ。
ただでさえ得体の知れない「絞殺魔」が襲いかかるってだけで恐怖だし、もっと怖いのが散々ニュースで注意しているにも関わらずドアを開けてしまう人間心理の怖さ。
開けなくても簡単にドアを突破してしまう「絞殺魔」。
後半の展開は衝撃的。延々とシーンが続く感じなのだが、不思議と飽きない。
“もう一人のアイツ”が出てくる瞬間といったらもう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ