ここから本文です

荒野のガンマン (1961)

THE DEADLY COMPANIONS

監督
サム・ペキンパー
  • みたいムービー 10
  • みたログ 115

2.75 / 評価:43件

ペキンパー監督デビュー作品。つまんねえ。

  • アイアンハート さん
  • 2018年11月19日 17時38分
  • 閲覧数 385
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

3.13点/30人/1961年  

まずドンパチほとんどなく娯楽西部劇的にはほとんど楽しめない。
そもそも、ケガしてまともに銃を打てない設定自体が異色。
ミスして子供を撃ち殺す、間抜け主人公。

単純明快、勧善懲悪、娯楽西部劇ではない、異色の意欲作とも見れなくはないが、イカンセン見ていて面白くないのは致命的だと思う。

子供を殺されているのに、親切にされるとすぐに犯人に惚れてしまう女もどうかと思うし。
死体を何日も引きずって、いくら乾燥地帯とは言え、腐敗は耐え難く進むと思うが・・・
最後までひた隠しにしていた額の傷は、見えてしまえば普通の切り傷にしか見えず、人生を棒に振ってまで復讐せねばならないとの思いのある傷には見えないので、その部分も感情移入しにくく物足りない。
リアルな傷を当時の映画では見せられなかったのかもしれないが、その部分が本作の肝なので非常に残念だ。

余談、
原住民に弓で襲われる場面で寝ている主人公の横の地面が不自然に動く場面があった。
刺さった弓を引き抜いて逆再生している演出と思われ、映画の内容よりもそんな発見に嬉しくなったりした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ