ここから本文です

荒野のガンマン (1961)

THE DEADLY COMPANIONS

監督
サム・ペキンパー
  • みたいムービー 9
  • みたログ 133

2.91 / 評価:53件

下手くそガンマンの復讐劇

  • 百兵映 さん
  • 2014年9月17日 12時27分
  • 閲覧数 1490
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

西部劇にはいくつかのパターン(“パーツ”といってもいいかな)があって、そのひとつが復讐劇、そして女の分捕り劇、更に銀行強盗劇。これらを組み合わせて、『荒野』を舞台に繰り広げると西部劇になる。本作はこの3つの他に、余計なパーツを加え、組み合わせ方の不味さがあって、すっきりしない西部劇になってしまった。

(1) 早撃ちガンマンのパーツが、ガンマンらしくない。
(2) 先住民を悪者として登場させるパターンが不快感を誘う。
(3) 復讐劇とラブロマンが散って、メインストーリーを失った。

 ま、西部劇は西部劇。ちょっと時間がある時に、他にさし当たってみたい映画がない時に、アメリカ大陸の黎明期をさ迷ってみればいい。理屈を並べる必要は無さそうだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ