ここから本文です

荒野の決闘 (1946)

MY DARLING CLEMENTINE

監督
ジョン・フォード
  • みたいムービー 37
  • みたログ 401

3.89 / 評価:131件

いよっ、(西部の)ハムレット!

  • 百兵映 さん
  • 2013年12月24日 15時52分
  • 閲覧数 935
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 他の西部ものと比べて、ちょっと渋めかなといった感じだが、大枠としてはやはり西部劇そのもの。

 土着の家族 対 旅の家族の、奪い合いと復讐劇。それとは別にニヒルな男を取り合う二人の女の三角関係。この二つのストーリーが絡み合ってひとつの物語に構成されている。どこかシェークスピアに似ていると思ったら、意外や意外、シェークスピアそのものが登場する。

 西部の荒れ野の物騒な田舎町。荒くれどもの酒場にステージがある。役者がいきなり、
 「To be or not to be, that is the question.」
とやり出す。これくらいは私だって分かる。ハムレットじゃないか。どうした。
 役者は、続いてソネットを朗誦するのだが、残念ながら翻訳字幕では良さが分からない。ところが、スクリーン上の観客にもさっぱり分からない。役者が観客に失望して悪態をつく。
 「ここの連中にはシェークスピアは似合わない。分かりっこないんだ。」

 面白いね。可笑しいね。イングランドのシェークスピアが作った北欧の舞台劇をアメリカ開拓村で演じて「似合わない」というアメリカ映画を日本で見て面白がっている。この点だけが他の西部劇と違っている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ