ここから本文です

上映中

ゴールド・ディガース (1933)

GOLD DIGGERS OF 1933

監督
マーヴィン・ルロイ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

5.00 / 評価:2件

"The Shadow Waltz"の美しさ!

  • bakeneko さん
  • 2016年1月13日 7時49分
  • 閲覧数 596
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブロードウエイのバックステージの人々を活写した“ゴールド・ディガーズ”シリーズの第3作目で、大不況の波によって製作困難となっているミュージカル業界での娘達と資産家たちとの恋と仕事がミュージカル舞台を挟みながら展開します。

“男を引っ掛ける女”を意味するスラング:「ゴールド・ディガーズ」を冠したミュージカル連作シリーズは、1930年代のブロードウエイのバックステージを題材にして計5+1(「42番街」も含まれます)作が作られました。
特に「42番街」の大ヒットは、ルビー・キーラー、ディック・パウエル、ジンジャー・ロジャースをスターダムに伸し上げ、バスビー・バークレーの振付による大掛かりなレビューシーンが大喝采を浴びでシリーズの看板になっていきます。
本作は「42番街」の大ヒットを受けてほぼ同じスタッフがノリノリで創った作品で、冒頭のジンジャーロジャースの歌う:"We're in the Money"から全盛期のミュージカルの愉しさに幸福感一杯になる華やかさで、"Pettin' in the Park"、"The Shadow Waltz"(エレクトリックなバイオリンレビューが素敵!)、"Remember My Forgotten Man"といったナンバーとレビューはミュージカルの醍醐味を味あわせてくれます。
一方で、このシリーズには珍しくAvery Hopwoodの原作舞台:The Gold Diggersに由来する物語はラブコメディとしても秀逸なもので、名匠マービン・ルロイ監督が心地よく笑わせてくれます。
ルビー・キーラー、ジョーン・ブロンデル、アリーン・マクマホン、ジンジャーロジャース、らの華やかな“ゴールド・ディガーズ”の共演に見惚れる幸福なミュージカルですが、1928年に始まった大恐慌や禁酒法時代の秘密酒場での飲酒、第1次大戦の兵士の社会不適合…といった社会問題も活写されていますよ!

ねたばれ?
1、お金持ちなんだから出資額はプロデューサーの最初の提案額分出してあげればいいのに。
2、確かに両方のファニー(犬と人間)はそっくり!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ