ここから本文です

告発 (1995)

MURDER IN THE FIRST

監督
マーク・ロッコ
  • みたいムービー 691
  • みたログ 2,898

4.29 / 評価:845件

苦悩と絶望を乗り越えた先に

  • tak******** さん
  • 2013年3月31日 3時39分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヘンリーの不幸な生い立ちと境遇を思うと本当に辛い気持ちになる。

親が死ななければ。
お金を盗む場所が違えば。
アルカトラズ連邦刑務所に収容されなければ。

様々な不運とタイミングによって彼は死の淵に追いやられる。
刑務所内での非人道的な行為は日本の
ましてや一般家庭で育った私には想像などできない。

その役を巧く表現なさっているケヴィン。
精神的不安定な様の演技も見事ですが
そこからラストの勇猛な姿に変わるまでを過程で見ていくと
「見事」と言わざるを得ないです。

壮絶な虐待を体験したかのように演技するのも難しいでしょうが
初めて女性を抱かせてもらうシーンなんかも
「演技してなりきるってすごいなー」と思って観ていました。

アルカトラズ連邦刑務所に戻る恐怖心、グレン副署長への恐怖心
さらには死への恐怖心も克服したかのような
ラストのヘンリーの瞳は忘れられない。

いろんな葛藤があっただろう。
辛いし怖かっただろう。
でも闘った。
闘いぬいて本当の意味で勝利を掴んだ。

最初のあたりでグレン副所長がヘンリーに言った「行動と反動」が
最後は逆の立場でグレン副所長自身に突き刺さる演出は観ていてスカッとします。

それにしてもやっぱ似合うなー。悪役のゲイリー。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ