5時から7時までのクレオ
3.8

/ 46

26%
35%
33%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • 池バス

    5.0

    衣装が素敵

    パリ、リヨンの街並みが分かって良い。 女優さんファッションも今着たい感じ 凄く素敵☆彡 2時間の出来事だけど旅気分で、楽しかった 本当に寄り添ってくれる人って 意外な所にいるんですねーーー。

  • kin********

    4.0

    ネタバレヌーベルバーグの果実

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    3.0

    2時間ちょっとの出来事が長く感じる

    病院の診断結果を待つ間の2時間。 2時間の間にちょっとずついろんな人と会ったりで盛りだくさんな感じですね。 クレオは当然だろうけど、情緒不安定状態な感じでしたね。 眠くなる映画だとわかっていたので、警戒していましたが、やっぱり眠くなってつらかった。映画館向きの映画ではないんでしょうね。

  • jsr********

    5.0

    ガン細胞

    内と外、光と音、反射・反転と侵食。 カフェやブティックには鏡が溢れ主人公コリンヌ・マルシャンの姿を乱反射させる。屋外から店内へのドリー撮影はショーウィンドウにパリの街を反射させる(後にカメラ位置が反転し内から外が撮られる)。 街の喧噪が絶え間なく響き、ドアを開けて室内へ避難しても音楽を伴って友人達が訪問し、彼女はまた行き場がないまま外を彷徨う羽目となる。 その侵食の光景はまるでガン細胞のようだ。

  • da5********

    5.0

    巨乳について語りたまえよ

    ゴダールの2大駄作「勝手にしやがれ」と「気狂いピエロ」のせいで、ヌーヴェルヴァーグを嫌う人は世界中に一億人以上いる。それでも「気狂いピエロ」が最後まで鑑賞に値するのは、ひとえにアンナ・カリーナのボディーライン(特に、胸)の魅力に依る。 この「クレオ」のコリンヌ・マルシャンのミサイル乳房は、カリーナ嬢なんかの比ではない。終始彼女のその部分に目が行って仕方なかった、と白状せずに映像技術だの小道具だの何だのを語る男は、ほぼ全員ムッツリくんである。 それでなくとも物語は、ゴダール映画標準比、50倍の面白さ。ひょっとしたら仏映画のトップ10に入るのじゃないか? DVDを是非買いたい。

  • 一人旅

    3.0

    クレオは生きていける

    アニエス・ヴァルダ監督作。 癌の診断結果を待つクレオの5時から7時までの行動を描く。 自分が癌なのか癌ではないのか、7時になるまで判明しないことによって生まれる不安や恐怖、もどかしさがクレオの言動や行動の中に表出されている。友人と会ったり映画を観てもクレオの表情はどこか物憂げで、常に死の恐怖に付きまとわれているようだ。クレオが死に突き進んでいると確信する中で、彼女と対比的に描かれる女友達。明るく無邪気に振る舞う女友達とクレオの間には精神的な隔たりが確実に存在し、急いで走り去っていく女友達と車の後部座席に残されたクレオの姿が印象に残る。 不安や恐怖も他者と共有することで和らげることができる。これから戦地に向かう兵士とクレオが相互に理解できたのは死を間近に控えた似た者同士だから。他者に理解されない孤独さから解放され、現実に立ち向かう覚悟を得たクレオの晴れやかな表情が印象的だった。

  • じゃむとまるこ

    4.0

    愛のためなら死ねる。

    レビュタイから想像するような映画ではないのですが、でも下世話に言えばそうかな、と思います。 内容はとても知的です、何ったって実存主義的テーマを扱った、1962年制作のヌーヴェルヴァーグリヴゴーシュ派バリバリの女性監督アニエス・ヴァルダの出世作ですから、彼女は次作『幸福』で、日本でもその存在を知らしめたという凄い人なのです。 リヴゴーシュ派の監督と言えば先ず、アラン・レネを思い浮かべますが、本作はレネの名作『去年マリエンバートで』の翌年制作されています、レネとの共通点を多く感じさせますが、ラストが全く違う、その違いはさすが!と言えるものです。 で、映画は、『5時から7時までのクレオ』そのまんま。 フレンチポップスの歌手クレオが採血の検査結果を聞くまでの5時から7時までの揺れ動く心理状態を時間を追って描いています。 例えば、5時3分から5時10分のクレオ、という字幕が出てその時間のクレオが語られる、字幕が変わるたびに場面やエピソードが変わり、彼女が現実に立ち向かう勇気を得るという過程が90分というやや短めの尺で語られます。 タロット占いのカードのみがスクリーンに映し出され、指がカードを引き抜く、クレオの声、占い師の声、カラー映画だ、と思ったらカラー部分はこのシーンのみ、鮮烈。 モノクロ映画であり映像がスタイリッシュ、ガラスや鏡に映りこむシーンが多く 間接的な映像でクレオの心象を表現している。 自分は多分癌だろう、死ぬのではないか?そんな不安に圧し潰されようとしているのがよくわかるが、それだけの内容ではどうにも忍耐が続かない、睡魔に襲われる、何故だろうか、これは、ゴダールを見ると必ず寝てしまうという私のせいかもしれない。 一つ一つのエピソードは贅沢だ、訪ねてくる音楽仲間というか曲を提供してくれる作曲家にミシェル・ルグラン、ピアノを弾いて(おーー!すごいです)歌います、またある時のエピソードは映画中パントマイムというもので、J=リュック・ゴダール、アンナ・カリーナ、J=クロード・ブリアリとヌーヴェル・ヴァーグの代表格の方たちカメオ出演という贅沢さ。 最後にセーヌ左岸の公園で彼女は一人の男と出会う、休暇中で公園に来ていたフランス軍兵士だ(当時はアルジェリア独立戦争真っただ中)。 彼と出会ったことで、彼女の心に変化が起きる、現実を受け容れ闘おうという強さが生まれた。 彼らの間に淡い恋が芽生えた、それが生きる力になったのだろう。 男は言う。 戦死だなんて情けない、女のため、恋のために死にたい。 フランス人でなくては様にならない台詞、でも彼女はそこに心動かされる。 ”愛のためなら死ねる” このシーンで彼女の表情が一変する、恋のために生きようとする女に変わっている。 やはり女性監督が女性をよくわかって撮っている映画だと思いました。 このアントワーヌという兵士役の俳優さん、たいして魅力は無いのですが、声が素晴らしい、フランス語がとても魅力的に感じました。 ところでアニエス・ヴァルダの夫さんは『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』の監督ジャック・ドゥミなのです。 夫婦でフランスを代表する映画監督って凄いことです、夫婦とは何か、ということが日本とは根本的に違うように思います。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレパリの夏は日が長いなあ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • りんごみかん

    5.0

    タロット場面からため息

    タロット場面からため息ものだけど、 撮影は感動を残したまま、エンドまで映し出す。 細かいこだわりに空いた口がふさがらない。 がんを宣告された女の心情や状態をタイトル通り2時間カメラで追いかける。 お洒落なパリの街並みも素敵だが スピード感のない緩さも、現代の映画では垣間見ることのできない 不思議な感覚を私に与えてくれました。

  • lov********

    4.0

    60’S 夏至のパリ 午后の憂鬱

    ある夏の日の夕暮れ時を分刻みで追ったクールな作品。売れっ子シンガーの主人公(クレオ)は不安に怯えている。すがったタロット占いには“死”を意味するカードがでてきて更に憂鬱に。我がまま放題で気まぐれな女の子なのに、なぜかかわいく見えてくるリアリティある描写が素敵です。内容の豪華さも必見!ゴダール監督出演の作中映画や、フレンチ・ジャズのルグランが音楽監督を務めピアノを弾きまくるシーンには、ファンならずとも思わず見入ってしまいます。移動撮影のため、当時のパリの街並みを楽しめるのも魅力的♪「私って、本当に愛されているのかしら?」と不機嫌になりつつも揺れる女の子の気持ちや、気分転換のための帽子の買い物、ふわふわのついたピンヒール、コケティッシュなベビードール姿、忙しい恋人とのやりとりetc・・・思わず、弾んでしまいたくなるような楽しい映画です。

  • いやよセブン

    5.0

    今でも新鮮

    歌手のクレオは検診の結果が出る7時まで不安でしょうがない。 5時からの2時間を同じ時間で映画は進んでいく。 最初の占いのシーンでカードだけはカラーであとはモノクロ。 音楽がミシェル・ルグランでいい曲が多い。 1961年の作品だが、未だに画面に引き込む力はすごい。

  • fbx********

    4.0

    アニエス・V

    隠れた傑作でしょう。 こういった作品にもっとスポットが当たって欲しいと切に願う。 ヌーベル・バーグの一本に数えられるが、 歴史的評価という意味でも、少し異端。 機会があったら、是非。

  • pak********

    5.0

    ほとばしる魅力

    渋谷のヌーベルバーグ映画特集で初めて見た。 クレオが午後7時にガンの検査の結果を医者に聞きにいくまでの2時間を時間を追って描いていく作品だが、クレオの揺れ動く心理と、パリの夏のけだるい夕暮れの様子が良く描かれている。特に、タクシーやバスの車窓に映し出されるなにげないパリの町並みが美しい。 ガン検査の結果を待つクレオだが、映画全体はテンポ良く展開し、暗い雰囲気は感じられない。ラストシーンで医者に会う場面もなかなか良い。 ヌーベルバーグ映画の特徴を良く表している秀作と思う。また、クレオ役の女優がとてもキュート。

1 ページ/1 ページ中