ここから本文です

個人生活 (1974)

LA RACE DES SEIGNEURS

監督
ピエール・グラニエ=ドフェール
  • みたいムービー 8
  • みたログ 54

3.71 / 評価:7件

仕事を取るか、恋人か?今昔、不変の問題

  • kananopapa さん
  • 2008年2月23日 16時34分
  • 閲覧数 372
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ハリウッド映画に少し飽きた方へお勧めします!クラシックな作品ですが昔のフランス映画独特の映像美、音楽、物語、ロケーションが楽しめます。

主人公のA・ドロンは新進気鋭の政治家。若さ丸出しの息子と病気の奥さんがいるにも仕事優先で家庭は崩壊状態。或る日、飛行機上にて若く美しいモデルのヒロインS・ロームと出会い恋に落ちます。

順調に権力の座へ行くにしたがって恋人が恋しくなる主人公。忙しさの最中何度もフラッシュバックする彼女と過ごす時間が場面に現れ次第に”仕事(権力)か恋人どちらを取るか”の選択に迫られます。終盤、彼女から時間まで逢いに来なければ恋は終わりと最後通告されます。

権力を選び約束の時間過ぎに彼女へと向かう主人公。
誰もが思う通り、二つの選択は許されない結末。

現代でも題材となる究極の選択。男も女どちらもこの物語の主人公になる事もあるのでは・・。
ヨーロッパ、特に昔の(今もそうかも知れませんが)フランスは愛には寛容で愛するが故の犯罪などでは、裁判でかなり甘い判決がでた記録もある位ですからその逆の場合は・・・。(汗)

それだけ愛は深いのでしょうか。正直、フランス映画での愛は深すぎてついて行けない私ですが
昔のA・ドロンの映画共通の間が好きで偶に鑑賞します。
無言のシーンがやたら多いのですがその分、映像・出演者の演技で語ってくれますので大人向けの映画では最高です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ