ここから本文です

ゴッドファーザー (1972)

THE GODFATHER/MARIO PUZO'S THE GODFATHER

監督
フランシス・フォード・コッポラ
  • みたいムービー 1,107
  • みたログ 8,416

4.46 / 評価:3127件

マフィア嫌いの末っ子が1番適正ある不幸

  • t_h***** さん
  • 2020年6月23日 11時47分
  • 閲覧数 789
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

マイケルというキャラクターの造形が素晴らしい。
末っ子が1番能力高い不幸。
深夜の病院で父の警護のシーン、イタリア料理屋での暗殺シーンでマイケルが最初から適正あるのが具体的に描かれてしまう。

PART2で描かれるが、マイケルは稼業のマフィアを否定して軍隊に入る。
自分の家が他人に迷惑かけるマフィアを生業としてるからだろうか。
国のために命をかけるなんて馬鹿げていると言う長兄ソニーや本当はボスになりたい次兄フレドより、マフィア嫌いな末っ子マイケルが1番マフィア適正がある。
マイケルにはかたぎの仕事について欲しい父ヴィトーも結局ソニーよりボスの器と暗に認めるマイケルに継がせてしまう。
マイケルが継ぐのが1番ファミリーのためだから。
ゴッドファーザー3部作をマイケルの成り上がりの物語と言う人がいるが成り上がりの物語ではない。
コルレオーネファミリーはマイケルが継いだ時点で大きなファミリーだ。
家族を守るために頑張れば頑張るほど不幸になるマイケルの物語。
PART2以降ヴィトーを演じるデニーロが家族に情があるように描かれマイケルは逆に冷酷に描かれる。
ラストのケイの表情がマイケルの未来を予告するようで凄い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ