コマンドー

COMMANDO

PG1289
コマンドー
3.9

/ 872

33%
34%
26%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(167件)


  • きゃる

    1.0

    子供向けお祭り動画

    インターネットも家庭用録画機器さえも普及する前の「映画作品」。 テレビで吹き替え放送をされると、映画ってこんなに面白いのかと 釘付けになって観た記憶があります。ビデオレンタルショップが 近所にできると、早速借りて視聴。そのころまで気づきませんでした。 これは「映画作品」ではなく「子供向けお祭り動画」だったことに。

  • fiv********

    1.0

    ただの筋肉祭りでガッカリ

    いまさら、この作品を初めて観た。 最近、この作品と同じぐらい有名なランボーを初めて観たが、さすが有名になるだけの事だけはある、こうなるための切ない背景がしっかりした作品だった。 この作品もと期待して観たが、あっさり裏切られた。 この手の作品をこれまで観て来なかったのは、どうせ中身の無い筋肉祭りだろうと思っていたからである。 これはまさにその悪い予想通りの作品でがっかり。

  • hid********

    5.0

    今では栄誉あるおバカお祭り映画

    このレビューは個人の好みが入りまくっていますので正当なレビューをお求めの方は飛ばして下さい。 20世紀のハリウッドを代表するムキムキマッチョマンことシュワちゃんを愛でる愛すべき映画です。 当時こそ大真面目だったでしょうが今となっては頭から最後までツッコミ入れずにはいられないおバカ加減です。 かつての凄腕特殊部隊の戦友が次々と暗殺されているのに護衛を2人しか寄越さない将軍。 娘を人質に取った敵の交渉役を使えないと分かったらさっさとあの世に送る主人公。 丘を駆け上がるまで何もせず待ってくれる悪党。 離陸中の飛行機から飛び降りたのに何故か垂直に着水。ぶっ壊す必要のない車のシート。異常に遅いカーチェイス。丸見えな尾行。何も無い所がコンビナートの火災ばりに派手に吹っ飛ぶ爆破。雑魚敵の撃つ弾はかすりもしない。場違いなトロピカルサウンド。数え出したらキリがないほど。気にしたら負けです。楽しめません。 そしてそれらを彩る数々の名セリフとほとばしる筋肉。 終始画面には暑苦しい肉体美が煌めき破壊に次ぐ破壊にウィットに飛んだセリフが素晴らしい。 リアリティなんてクソ喰らえ。無駄に金をかけてド派手に吹っ飛ばしムカつく奴はぶちのめす。 これこそまさしく20世紀の豪華ハリウッドアクション映画です。 頭空っぽで何も考えず爽快に楽しめる娯楽映画。それが本作です。 ただ少し結構キツいグロテスクシーンもあるので注意が必要。 数少ない吹き替えでのみ楽しめる映画かと思います。 ちなみにこの映画で1番のバカは第三次世界大戦だ!と言ったカービー将軍です。 最後にこの作品をテレビなどでご覧になった方はご存知でないかもしれませんが実はテレビ版ではカットされているシーンがありそこがない為に余計にバカさ加減が増しています。気になる方はDVDなどにて確認してくだされば幸いです。 エンディングテーマーは素直に良い曲!!

  • 風よ吹け

    4.0

    なるほど

    ボディビル時代の名残があるシュワルツェネッガーの肉体美ですね。「ターミネーター」より後だとは知りませんでした。 ストーリー的には荒っぽくて、ご都合主義と言われても文句は言えないでしょう。大雑把で、楽天的で、悪役も詰めが甘い、古き良き時代の大量殺戮アクションです。 アリッサ・ミラノが、まだ幼さを残す娘役。そして、ダン・ヘダヤが、まだ悪役を演じていた時代。後に「プレデター」で共演するビル・デュークが、元グリーンベレーを名乗る悪役で出ています。そして、見覚えがあるなと思ったのは、前半で殺されるチンピラ。デヴィッド・パトリック・ケリーという人で、「ツイン・ピークス」のジェリー・ホーン役の印象そのままですね。もう一人、航空管制官役でちょっとだけ、ビル・パクストンが出ています。

  • ジャビえもん

    5.0

    ネタバレ1980年代!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ter********

    4.0

    物語がサクサク進んで、何回見ても面白い

    1985年の作品で、今とは違いCGに頼らない当時の独特の雰囲気がとても好きです。 物語がサクサク進むので飽きずに見られます。 何回見ても面白いです。 もうちょっと、物語の展開を引っ張っても良いかなと少し思いますが、楽しめました

  • C4

    3.0

    ネタバレ初めからツッコミどころ満載

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bpp********

    3.0

    吹き替え脚本が有能

    英語で見ると普通のアクションコメディ。

  • 辰っちゃん

    5.0

    シュワちゃん全開

    強靭な肉体に大爆発!主人公最強映画の金字塔。もう最高

  • has********

    2.0

    娯楽

    ツッコミ所満載

  • もんくま

    5.0

    シュワによる第三次(大惨事)大戦!!

    ターミネーターに次いで、シュワちゃんことシュワルツェネッガー主演作品として公開され日本での人気を決定付けた作品。 娘さん役のアリッサ ミラノ嬢も、その愛らしいルックスのせいでアイドル的人気を博しCDデビューまでしてました。(その後、まさかあんな方向に行こうとは、、、) 当時ライバル的(?)存在だったスタローンのランボーのようなシリアスな作風ではなく随所に笑いを散りばめたひたすら馬鹿馬鹿しい(褒め言葉)戦争アクション映画であります。 ターミネーターとは打って変わって善玉シュワが、娘を攫った悪者相手に所狭しとやりたい放題で大暴れします。 お話の方は、当時の筋肉馬鹿無双映画の王道中の王道でツッコミどころも多いけど、この手の映画で何故そうなるとツッコむのは野暮だし、シュワルツェネッガーの肉体美と、無双ぶりを見ていたらそんな事どうでも良くなって来る程のエネルギーがこの作品にはあります。 この当時のシュワルツェネッガーの肉体美は全盛期で本当に凄い、これを観るだけでも十分に価値はあると思う。 コレとバタリアンが併映だったんだから良い時代だったよな〜。(笑) 尚、ディレクターズカットは少々、グロシーンありなのでそういうのが苦手な人は注意!

  • ron********

    4.0

    やっぱ吹替版も最高!

    娘を誘拐された元コマンドー隊員の超人的活躍を描くアクション映画。 製作はジョエル・シルヴァー。 監督は「炎の少女チャーリー」(84)のマーク・L・レスター。 ジョゼフ・ローブIII世、マシュー・ワイズマン、スティーヴン・E・デ・スーザの原案に基づいてスティーヴン・E・デ・スーザが脚本を執筆。 撮影はマシュー・F・レオネッティ。 出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、レイ・ドーン・チョン、アリッサ・ミラノ、ダン・ヘダヤ、「マッドマックス2」のヴァーノン・ウェルズなど。 音楽は今は亡き、ジェームズ・ホーナー。 原題「Commando」 アメリカ映画 配給は20世紀フォックス 1985年作品 上映時間92分 もちろん、みなさんご存知のあの「コマンドー」です。 今の若い子もネットで話題になっているので、知ってるあの「コマンドー」です。 高校生のうちの息子も観ているほどの簡単に人がゴミのように死ぬおバカアクション(褒めてます)映画の傑作です。 迷匠マーク・L・レスター監督最高傑作品です。 昨年12月に開催された、なんばパークスの爆音上映で観たのに、家の近くのイオンでいリバイバルしているからまた観てしまいました。 4Kニューマスター吹替版は昨年11公開のコロナでのまたリバイバルです。 初めて上映された時は高校生でした。 当時、なぜか3回劇場で観ました。 そしてBlu-rayも持ってます。 もう何度も観ているのに、12月に爆音で観たのにも関わらず、またお金を払って劇場で、しかも開館しているとはいえこのコロナの時期にあえて「コマンドー」をチョイスした自分に乾杯。 内容はもう言うまでもありません。 シュワルツェネッガー主演の中でも、1、2位を争う傑作です。 爆音上映の時は字幕だったので、今回は吹替版です。 最高です。 玄田哲章さんの声、もう最高です。 やはりシュワちゃんは、玄田哲章さんでなくてはですね。 悪役、ベネットの吹替えも、アホっぽさ全開で素敵! 娘のためなら、悪人とはいえ、殺して殺して殺しまくるシュワちゃん。 ちなみに今作で殺したのは74人。 そしてシュワちゃんは、あれだけ敵がいっぱいいるのに、手榴弾一発やられただけど、ターミネーターのような不死身さ。 自分の娘のためなら何人殺してもいいという間違った様式美を、あまりにバカバカしいほどの爆音で観るこの贅沢さ。 もうこれに尽きます。 史上空前のおバカ映画です(めっちゃ褒めてます)。 映画史上に残るおバカ映画です(めちゃめちゃ褒めてます)。 CGなんか一切なし。 超銃撃戦&肉弾戦。 ジェームズ・ホーナーの隠れた名曲、あのカリビアンちっくなテーマも、また劇場で聴けるとは思ってませんした。 ちなみに、今作でアリアス邸として登場する建物はかつて、アメリカのコメディスターだったハロルド・ロイドの住宅だった。 そして、「ビバリーヒルズ・コップ」の一作目の撮影にも使われましたとさ。 公開当時、ベネット役のヴァーノン・ウェルズがフレディ・マーキュリーだと思って、フレディを観るたび「コマンドー」を思い出すという、人生の長い期間自分の人生と共存している映画なのです。 興行的には、一部イオンでのリバイバル上映なので、上映館数は知りません。 鑑賞料金は古い映画なのに、4Kニューリマスター版上映なので、普通に1800円です。 私はイオンは1000円で観てますが。 リバイバルなんで、興行収入予想はありません。 しいていえば、150万円くらいでしょうか。 星4つ半(5点満点) ★★★★☆

  • くま既知

    4.0

    80年代物量主義の醍醐味!

    世の中がイケイケドンドンの時代のシュワちゃんの代表作の一つ。 先日吹き替えの帝王のブルーレイを買ったのでディレクターズカット版を完全吹き替えで見た。 確かにバランスは悪いけど荒唐無稽ながら迫力あるシーンの連続で飽きさせない。 しかし、吹き替えが懐かしいなあ。テレビ放送をビデオに録画して何度も見たねえ。 ここまで見返すともはや噛めば噛むほど味が出るスルメみたいなものですな。 敵がどれだけ四方八方から撃っても当たらないとか手榴弾が爆発するのがタイミングがズレてたり、微笑ましい。 台詞がまたいちいち決まっている。 もちろん、プロですから、とかお前は最後に殺すとかほんと、な~んも考えんと見られます。この映画の監督はこれが一番有名な作品だけど他が笑える作品ばかりだから余計光る。だって炎の少女チャーリーとかだもん、笑えるよね。 ヒロインのレイ・ドーン・チョンさんはコメディエンヌ的だけど美しいし、あの時代だからこその作品性が今や懐しい。 まあ、今のアクションに慣れてる人には古臭いとは思います。

  • 1048

    4.0

    安定感抜群アクション

    あまりにも定番過ぎて 今まで敬遠していた事を反省。 本作かなり古い作品だが、 今見ても十分楽しめる。 CGがない時代だけあって、 アクションは本物だし迫力満点。 それに製作費もそれなりに掛かってて 良かった。 内容は大した事ないが足を引っ張る 程でもない。 オーソドックスだが非常に見事があり 楽しめた。

  • xsn********

    5.0

    シュワちゃん無双

    シュワちゃん主演映画の中でこの映画が一番好きです。 1人で何人もの相手に立ち向かっていくところがかっこよくて最高でまさにシュワちゃん無双です。 見る甲斐があり必見です!!

  • lou********

    5.0

    何が始まるんです?第3次大戦だ。

    車はアメリカで生まれました。日本の発明品じゃありません。我が国のオリジナルです。しばし遅れを取りましたが今や巻き返しの時です。 キャデラックは好きだ。 キャディがお好き?結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ。キャディのニューモデルです。快適でしょう? ああ仰らないで。シートがビニール。でもレザーなんて見かけだけで夏は熱いしよく滑るわ、すぐヒビ割れるわ、ろくな事はない。 天井もたっぷりありますよ、どんな長身の方でも大丈夫。どうぞ回してみて下さい、いい音でしょう。余裕の音だ、馬力が違いますよ。 一番気に入ってるのは… 何です? 値段だ

  • kin********

    5.0

    何回も見てるのに結局最後まで見る

    なんだかんだで面白いです。 内容があるようでないような、ないようである気がする勢いのある映画ってやっぱり何回見ても良いです。 結末なんてもうわかりきっているのに見てしまうから不思議です。 この映画の一番好きなところは、シュワちゃんが撃つ弾は結構な確率で相手に当たるのに相手の撃つ弾はシュワちゃん当たらないところです。 最高のヒーローだと思います。

  • wxj********

    5.0

    ネタバレツッコミどころも笑って許せる豪快さ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iag********

    4.0

    細けーことはいいんだよ!

    現代の我々は、とかく映画に複雑性、意外性、知性を求めがちです。 例えば、以下のようなキーワードを最近の映画で聞くことがないでしょうか。 重厚で壮大なストーリー、綿密に張り巡らされた伏線、登場人物の心理描写、衝撃のラスト・・・ 35年前のこの映画にはそんなもの、一切ありません。 「筋肉モリモリマッチョマンの変態」が、己の肉体とナイフと兵器でひたすら敵をなぎ倒す、それだけの映画です。 ここには複雑性も意外性も知性もありません。 ある学者によると現代人は、かつて1万年前の人間が1年かかって処理していた情報量を1日で処理しているそうです。 それだけ現代人は頭を使うことに疲弊しているのです。 今、必要なのはこの映画なのです。 缶ビールを用意しスマホの電源を切り虚心になってこの映画を見ましょう。

  • mik********

    4.0

    80年代の傑作肉体派アクション

    80年代のテレビの洋画劇場のテイストと映画館しか体感できる大音響での銃撃戦シーンや爆破シーンに大スクリーンでのシュワちゃんの痛快なアクションが融合しているね。結構よかった、90分でした。

1 ページ/9 ページ中