レビュー一覧に戻る
コマンドー

コマンドー

COMMANDO

PG1289

くま既知

4.0

80年代物量主義の醍醐味!

世の中がイケイケドンドンの時代のシュワちゃんの代表作の一つ。 先日吹き替えの帝王のブルーレイを買ったのでディレクターズカット版を完全吹き替えで見た。 確かにバランスは悪いけど荒唐無稽ながら迫力あるシーンの連続で飽きさせない。 しかし、吹き替えが懐かしいなあ。テレビ放送をビデオに録画して何度も見たねえ。 ここまで見返すともはや噛めば噛むほど味が出るスルメみたいなものですな。 敵がどれだけ四方八方から撃っても当たらないとか手榴弾が爆発するのがタイミングがズレてたり、微笑ましい。 台詞がまたいちいち決まっている。 もちろん、プロですから、とかお前は最後に殺すとかほんと、な~んも考えんと見られます。この映画の監督はこれが一番有名な作品だけど他が笑える作品ばかりだから余計光る。だって炎の少女チャーリーとかだもん、笑えるよね。 ヒロインのレイ・ドーン・チョンさんはコメディエンヌ的だけど美しいし、あの時代だからこその作品性が今や懐しい。 まあ、今のアクションに慣れてる人には古臭いとは思います。

閲覧数137