ここから本文です

コマンドー (1985)

COMMANDO

監督
マーク・L・レスター
  • みたいムービー 76
  • みたログ 2,762

3.90 / 評価:841件

ツッコミどころも笑って許せる豪快さ!

  • wxj***** さん
  • 2020年1月26日 22時13分
  • 閲覧数 765
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

基本、字幕版で見ることが多いけど、今作の吹き替え版が人気なのは納得。
笑っちゃうくらいの名セリフが、随所であるんです。これが面白い!

かつて特殊部隊の指揮官として活躍した男、ジョン・メイトリックス。
現在は、愛娘ジェニーと一緒に、山荘で穏やかな生活を送っていた。

ある日、山荘にかつての上司がやって来て、かつての部下が次々と殺されていると伝える。
メイトリックスにも気を付けるよう助言し、護衛を付けて立ち去るのだけど。
その途端、山荘は武装集団の激しい襲撃にあい、ジェニーが誘拐されてしまう。

ド派手な銃撃戦、爆撃戦が凄まじく、ダイナミックで大迫力。
カーチェイスも派手で、クラッシュしまくりの大胆さ。

メイトリックスは捕えられ、犯人たちはジェニーの命と引き換えに、某国大統領暗殺を要求する。
敵は彼の優秀さと無敵ぶりを知っていて、うまく利用しようとしたわけです。

いざ、飛行機で向かうぜ、と乗り込むが、実ははなっからミッションやる気ゼロ。
成功しても殺されると分かっているので、飛び立ったと見せかけ飛行機から脱出。

あれにしがみつき、大空に舞い上がった時には、うお~!スゲエ!と興奮しました。
トム・クルーズもビックリの、飛行機アクションだった。(笑)

なんせ、シュワちゃんが最もノリに乗ってる、筋肉隆々ムキムキだった全盛期。
車に撥ねられようが、高いところから落ちようが、殴られたくらいじゃびくともしない最強ぶり。

メイトリックスはジェニーを助ける為、行きがかりで客室乗務員のシンディと行動を共にすることに。
シンディ、車は潰されるわ、散々巻き込まれてお気の毒様、って感じ。

まあ、普通は命の危険に晒されたら、関わりたくない!と逃げるだろうけど。
理由を聞かせて!私も手伝う!と、首を突っ込んでいくのだから笑っちゃう。

メイトリックスも、なんだかんだ言いつつすっかりバディにして、彼女の客室乗務員というスキルを生かしてるし。

あのデパートでエレベーターに飛び移る場面も、ジャッキー・チェンもビックリのアクションだった!(爆)

今作、ツッコミどころは満載なんだけど、豪快過ぎてそんなの全部吹っ飛んでしまう。
このくらい豪快にぶっ飛んでいたら、おバカな筋肉映画の娯楽作だしね!と、何でも許せます。(笑)

武器を調達し、捕まったメイトリックスを助けようと、シンディがロケットランチャーをぶっ放すシーンも笑った!
2人の巧妙なやり取りも、微笑ましくも面白可笑しく、楽しい。

メイトリックスは敵のアジトの場所を掴み、全身武装して単身乗り込む。
機関銃に手りゅう弾など、武器を完備していざ!という姿がカッコ良くて、ワクワクとテンション上がる。

大勢を相手に、たった一人で、という対決の縮図も興奮させるポイント。

クライマックスの豪快で壮絶な戦いぶりは、すご過ぎて笑っちゃうレベル。
ジェニーがどこに囚われているか分からないのに、建物を爆破しまくるとか。

敵は次々と撃たれるのに、メイトリックスには絶対当たらないというご都合主義もアリ。

無双、無敵の最強殺人マシーンとして、殺しまくるところに意義があるのだから。
バタバタと倒していく姿に、爽快感さえ感じるほど。いいぞ!やれやれ!って。

そしてついに、ラストは宿敵ベネットと、男らしく対峙する。
銃を持ちながら、ナイフや素手で戦う。もはや、彼の肉体そのものが最強の武器と化している。

そんな彼の見事な肉体美を存分に拝めて、嬉しい限り。
途中、海パンシーンもあり、ファンへのサービスショットも楽しめました。

戦いはもちろん、勧善懲悪、正義のヒーローはこうでなきゃ!というベタな締め。
最後の決めセリフまでカッコ良くて、縦横無尽の活躍ぶりが痺れました。

スッキリと爽快感があり、素直に楽しめる鉄板のアクションもの、面白かった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ