レビュー一覧に戻る
コマンドー

コマンドー

COMMANDO

PG1289

ron********

4.0

やっぱ吹替版も最高!

娘を誘拐された元コマンドー隊員の超人的活躍を描くアクション映画。 製作はジョエル・シルヴァー。 監督は「炎の少女チャーリー」(84)のマーク・L・レスター。 ジョゼフ・ローブIII世、マシュー・ワイズマン、スティーヴン・E・デ・スーザの原案に基づいてスティーヴン・E・デ・スーザが脚本を執筆。 撮影はマシュー・F・レオネッティ。 出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、レイ・ドーン・チョン、アリッサ・ミラノ、ダン・ヘダヤ、「マッドマックス2」のヴァーノン・ウェルズなど。 音楽は今は亡き、ジェームズ・ホーナー。 原題「Commando」 アメリカ映画 配給は20世紀フォックス 1985年作品 上映時間92分 もちろん、みなさんご存知のあの「コマンドー」です。 今の若い子もネットで話題になっているので、知ってるあの「コマンドー」です。 高校生のうちの息子も観ているほどの簡単に人がゴミのように死ぬおバカアクション(褒めてます)映画の傑作です。 迷匠マーク・L・レスター監督最高傑作品です。 昨年12月に開催された、なんばパークスの爆音上映で観たのに、家の近くのイオンでいリバイバルしているからまた観てしまいました。 4Kニューマスター吹替版は昨年11公開のコロナでのまたリバイバルです。 初めて上映された時は高校生でした。 当時、なぜか3回劇場で観ました。 そしてBlu-rayも持ってます。 もう何度も観ているのに、12月に爆音で観たのにも関わらず、またお金を払って劇場で、しかも開館しているとはいえこのコロナの時期にあえて「コマンドー」をチョイスした自分に乾杯。 内容はもう言うまでもありません。 シュワルツェネッガー主演の中でも、1、2位を争う傑作です。 爆音上映の時は字幕だったので、今回は吹替版です。 最高です。 玄田哲章さんの声、もう最高です。 やはりシュワちゃんは、玄田哲章さんでなくてはですね。 悪役、ベネットの吹替えも、アホっぽさ全開で素敵! 娘のためなら、悪人とはいえ、殺して殺して殺しまくるシュワちゃん。 ちなみに今作で殺したのは74人。 そしてシュワちゃんは、あれだけ敵がいっぱいいるのに、手榴弾一発やられただけど、ターミネーターのような不死身さ。 自分の娘のためなら何人殺してもいいという間違った様式美を、あまりにバカバカしいほどの爆音で観るこの贅沢さ。 もうこれに尽きます。 史上空前のおバカ映画です(めっちゃ褒めてます)。 映画史上に残るおバカ映画です(めちゃめちゃ褒めてます)。 CGなんか一切なし。 超銃撃戦&肉弾戦。 ジェームズ・ホーナーの隠れた名曲、あのカリビアンちっくなテーマも、また劇場で聴けるとは思ってませんした。 ちなみに、今作でアリアス邸として登場する建物はかつて、アメリカのコメディスターだったハロルド・ロイドの住宅だった。 そして、「ビバリーヒルズ・コップ」の一作目の撮影にも使われましたとさ。 公開当時、ベネット役のヴァーノン・ウェルズがフレディ・マーキュリーだと思って、フレディを観るたび「コマンドー」を思い出すという、人生の長い期間自分の人生と共存している映画なのです。 興行的には、一部イオンでのリバイバル上映なので、上映館数は知りません。 鑑賞料金は古い映画なのに、4Kニューリマスター版上映なので、普通に1800円です。 私はイオンは1000円で観てますが。 リバイバルなんで、興行収入予想はありません。 しいていえば、150万円くらいでしょうか。 星4つ半(5点満点) ★★★★☆

閲覧数1,028