レビュー一覧に戻る
コマンドー

コマンドー

COMMANDO

PG1289

もんくま

5.0

シュワによる第三次(大惨事)大戦!!

ターミネーターに次いで、シュワちゃんことシュワルツェネッガー主演作品として公開され日本での人気を決定付けた作品。 娘さん役のアリッサ ミラノ嬢も、その愛らしいルックスのせいでアイドル的人気を博しCDデビューまでしてました。(その後、まさかあんな方向に行こうとは、、、) 当時ライバル的(?)存在だったスタローンのランボーのようなシリアスな作風ではなく随所に笑いを散りばめたひたすら馬鹿馬鹿しい(褒め言葉)戦争アクション映画であります。 ターミネーターとは打って変わって善玉シュワが、娘を攫った悪者相手に所狭しとやりたい放題で大暴れします。 お話の方は、当時の筋肉馬鹿無双映画の王道中の王道でツッコミどころも多いけど、この手の映画で何故そうなるとツッコむのは野暮だし、シュワルツェネッガーの肉体美と、無双ぶりを見ていたらそんな事どうでも良くなって来る程のエネルギーがこの作品にはあります。 この当時のシュワルツェネッガーの肉体美は全盛期で本当に凄い、これを観るだけでも十分に価値はあると思う。 コレとバタリアンが併映だったんだから良い時代だったよな〜。(笑) 尚、ディレクターズカットは少々、グロシーンありなのでそういうのが苦手な人は注意!

閲覧数478