ここから本文です

解説

 南米某国のクーデター支援を断ったために娘を拐われた元陸軍特殊部隊隊長は単身、反撃を開始。肉体派スター、シュワルツェネッガーが「ターミネーター」で見せた銃器アクションをさらに徹底して繰り広げる痛快作。演出にムラがあってシーンごとに上がったり下がったりするボルテージは中途半端だが、クライマックス、敵陣に乗り込んでからの銃撃戦はかなりの迫力がある。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ