ここから本文です

コルドラへの道 (1959)

THEY CAME TO CORDURA

監督
ロバート・ロッセン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 31

3.63 / 評価:19件

なかなかシリアスなドラマです・・・

  • tot***** さん
  • 2017年5月6日 4時59分
  • 閲覧数 371
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

過去の戦いで臆病者的行為をした褒章選定役の少佐(G・クーパー)。メキシコ反乱軍との戦いで勇敢だった勲章授与申請の対象兵4名、反乱軍にも取り入っている女農園主(R・ヘイワース)の5名を部下である中尉と共にコルドラの基地へ移送することになります。実は、いろいろな理由で勲章なんて要らない兵士もいます。道中、馬を反乱軍に提供せざるを得なくなったり、仲間割れが起こったりといろんな苦難がありますが、「ホントの勇気とは何ぞや?」というようなことも問いかけるような、なかなか真面目な映画でございます。と、結構シリアスですが、ロードムービー的要素もあるのでそこそこ楽しめました。ただ、ラストは「え~、みんなめっちゃ素直になったやん。」とちょっとびっくりでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ