ここから本文です

殺し (1962)

LA COMMARE SECCA/THE GRIME REAPER

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
  • みたいムービー 15
  • みたログ 69

3.45 / 評価:22件

若き才能を堪能できる逸品。

  • スーザン さん
  • 2017年5月6日 17時42分
  • 閲覧数 582
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まずオープニング。
誰もいない河原。
草むらが風に揺れ、紙くずが舞う。
そこへうつ伏せに横たわる女の死体。
カメラが足のアップから背中、頭、指へ。
悲しいような楽しいような調べが流れる・・・。

21歳にして才能というものを見せつけるベルトルッチのデビュー作。

娼婦殺しの容疑者数人の供述をそれぞれ追う手法で、時間軸が何度も巻き戻される。
途中の夕立が効果的なのと、公園での何人かの視点が観られるのがミソだ。

そして演出手法もさることながら視覚効果や映像の美しい作品である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ