ここから本文です

コンラック先生 (1974)

CONRACK

監督
マーティン・リット
  • みたいムービー 4
  • みたログ 28

3.60 / 評価:15件

アンジーの父親が演じた「金八先生」。

  • 晴雨堂ミカエル さん
  • 2015年10月30日 12時09分
  • 閲覧数 528
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 主演は今やアンジェリーナ・ジョリー氏の父親という事で有名なジョン・ヴォイト氏。彼がまだ30代半ばの作品である。

 ハロウィンを題材にした映画といえば、私の世代ではホラー映画「ハロウィン」を連想するだろうが、私の場合は子供の頃に観た本作である。
 本作を観るまではハロウィンといえばスヌーピーの世界だけのお祭りと思い込んでいた。本作でハロウィンがアメリカを代表する子供が主体の祭りであると認識した。

 作品内容は日本版「金八先生」だろう。アフリカ系住民で占められているある南国の離島(余談1)の小学校に赴任してきた若き白人教師、そこでは未だ奴隷制度時代の古い感覚の教育姿勢がはばをきかせており、驚愕した教師は型破りの情熱的な方法で授業を始めていくが・・。

 判りやすく「金八先生」を例えとしたが、個人的には宮沢賢治に近いと思う。教育姿勢は「金八」のような武骨で不器用ではない。ときおりレコードコンサートを開いて子供たちにベートーベンなど聞かせている。
 子供たちにとってはベートーベンの「運命」が先生のイメージに刷り込まれてしまったのか、ラストで主人公が担任を解かれ失意の退校をするとき、船着き場まで見送りに来た子供たちがポータブルのレコードプレイヤーで「運命」を大音量で流す。

 実話を基にしているのか、単なる「金八モノ」ではなく、複雑な地域感情を鑑賞者に覗かせる配慮が利いている。
 歯が浮くような理想論を強弁する若きコンラック(余談2)だが、有言実行で邁進する好人物だった。そのため当初は違和感を抱いていた児童やその父母たちは次第にコンラックに信頼を寄せ支持するようになる。

 ところが意外にもコンラックの方針に異議を唱え立ちはだかったのが、アフリカ系女性の校長先生だった。アフリカ系で女性という立場、本来ならコンラックの方針に賛意を示し積極的に支援すると思われたが、逆に島の秩序を乱す存在としてコンラックを解任し追い出してしまう。
 校長にまでなったほどの教師だ。おそらく若い頃はコンラック以上の志を持ち苦学して教育者となったかもしれない。その彼女が排斥に動いてしまった。
 これは強引な予定調和のハッピーエンドに終わりがちな「金八」とは違うアメリカ社会の厳しさを前面に出す。

 ところで、この物語の佳境ではハロウィンが登場する。コンラック先生はハロウィンを体験したことが無いという児童たちのため、対岸の街に渡ってハロウィンを楽しむ企画を立てる。
 街は島と違って白人が多い。コンラックは街の住民に協力をお願いして回るが殆ど徒労に終わってしまう。
 
 それでもなんとか恰好だけはつく程度まで漕ぎ着け、ハロウィンの風習に則って子供たちは仮装して「Trick or Treat(余談3)」を唱えて各家を回る。コンラックの根回しのおかげで住民たちは一応協力してくれるが、無愛想で与える菓子も飴玉1個程度。
 ところが日ごろ主人公のやり方に批判的な先輩が笑顔で応対し気前よく菓子を沢山あげるところが印象に残っている。

 ともすれば、説得力の無い偽善に満ちた予定調和のファンタジーのような物語を、テンションの高いコンラックの懸命な姿で引き込む。
 ラスト、別れの連絡船が到着するまでの間、コンラックを見送りに来た児童たちを桟橋に座らせて、別れを惜しむようにいつもより甲高い声で最後の授業を行う。

(余談1)離島という事になるのだろうが、正確には南国の大河の湿地帯にある中洲のようだ。

(余談2)作中の主人公の名は「コンロイ」という名だったが、方言のせいなのか子供たちには発音できず「コンラック」と呼ばれ、それが本名のように定着した。

(余談3)「Trick or Treat」は日本語訳のスヌーピーでは「悪戯されるか御馳走するか」と訳されていたように記憶している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ