ここから本文です

世界中がアイ・ラヴ・ユー (1996)

EVERYONE SAYS I LOVE YOU

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 173
  • みたログ 1,438

3.46 / 評価:299件

ゴールディ・ホーンが軽やかに宙を舞う

  • 一人旅 さん
  • 2018年6月20日 22時27分
  • 閲覧数 750
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウディ・アレン監督作。

ニューヨークの弁護士一家が織りなす悲喜こもごもの恋模様を描いたコメディ。

I♡NYな映画作家:ウディ・アレン監督による群像劇風&ミュージカル仕立てのラブコメディで、ニューヨークの裕福な弁護士一家を中心とした男女の様々な恋模様をアレン流の軽妙洒脱な語り口で映し出しています。本作はウディ・アレン史上初のミュージカルとして知られていますが、ミュージカルシークエンスの頻度自体は要所要所に挿み込まれる程度なので物語の邪魔には然程なりません。

恋する幸せと人生の不思議をハッピーに謳い上げた作品で、弁護士一家とその周辺の人々が織りなす多種多様な恋模様を眺めているだけで十二分に楽しめます。あらゆる恋を網羅した恋尽くしの作劇が特長です。正式な婚約者がいるのに仮釈放されたばかりの凶悪犯に惚れ込む長女のエピソードや、街中で見かけた若いハンサム君に一目惚れした姉妹の三角関係エピソード、ヴェネチア旅行でゴンドラ乗りの男と燃え上がる次女(主人公)の目まぐるしい恋のエピソード、独り身の父親と芸術通の人妻の可笑しな恋の駆け引き等々、成就しない恋もあれば途中で挫折してしまう恋もありますが、それら悲喜こもごもの全ての恋をユーモラスに描いた上で、人が人に恋する人生の素晴らしさを肯定的に謳っています。

ミュージカルに乗せて映し出すファンタジックな演出も魅力であります。棺桶から出てきた幽霊が陽気に歌い踊るシーンや、初老の元夫婦が河沿いで踊りながら宙を舞う“過ぎ去った恋に思いを馳せる”ワンシーンが格別ですし、クラシック・ミュージカル映画へのオマージュも見て取れます。

そしてウディ・アレンを筆頭に豪華キャストが幾つものロマンスに華を添えていて、ゴールディ・ホーン、ジュリア・ロバーツ、ドリュー・バリモア、ナタリー・ポートマン、エドワード・ノートンといった実力派の名優たちがそれぞれの見せ場で存在感を示しています。中でも仮釈放中の凶悪犯を演じたティム・ロスは異彩を放っていて、弁護士一家の会食の席でやりたい放題するシーンは“緊張&場違い感”が鮮烈です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ