レビュー一覧に戻る
コン・エアー

コン・エアー

CON AIR

114

しーもあ

2.0

ネタバレ頭悪くなりそう

凶悪犯たちがどうやって脱走計画を立てて実行できたのかが不明。収監中に横の連絡を取れるわけがない。こうした説得力のない「雑さ」が最後まで続く。逃げる側も追う側も完全に行き当たりばったり。どの役も立ち上がってこない。もっと頭を使った部分があればいいのに、結局、筋肉アクションでしかない。 知能指数が高いとかいう設定のマルコビッチが演じた奴はどう見てもアホだし、意味深に登場したスティーブ・ブシェミは何もしないまま終わり。 「凶悪犯が大量に飛行機で脱走したら面白いんじゃね」という着想だけで作った映画。脚本を練ろうという気すらなかったのだろう。 悪の強い役者がたくさん出てるので、動物園の見物ぐらいの価値ならある。

閲覧数1,103