ここから本文です

ブエノスアイレス (1997)

春光乍洩/HAPPY TOGETHER

監督
ウォン・カーウァイ
  • みたいムービー 272
  • みたログ 1,175

3.75 / 評価:343件

どこの世界も自分勝手な相方ってねぇ。。。

  • ゴンからの手紙 さん
  • 2008年11月24日 10時32分
  • 閲覧数 1858
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

序盤イライラ→中盤以降釘付けという作品でした。

自由奔放いやただの自分勝手の相方ってむかつくよねぇ。んで、一緒にいたいからそれを嫌々ながらも受け入れてしまう自分にもいらだつ。序盤イライラしたのはたぶん自分にもファイ(トニー・レオン)とダブるところがあったからでしょうね。

そんな与えている立場のはずなのになぜかウィン(レスリー・チャン)に対して心理的に不利な立場になっている、そんな抑圧された感情をモノクロ、元サヤにもどってつかの間の幸せを感じる画素の粗いカラー、そして職場の同僚チャン(チャン・チェン)とのやりとりを経て次第に開放されていくフルカラーと、ファイの心理状態を色でうまく表現されており、多少分かりやすかったように思います。

やはりトニー・レオンの色気を強く感じます。特にドアボーイとして店の外にたたずむトニーはかっこいい。これがモノクロってところが特にね。あとチャンを送り出す夜のレコーダーのシーンは名演でした。これは実際に観ていただいたほうがいいと思います。
TIFFで見かけた時もそうだったけどとてもやさしそうな物腰のやわらかそうなイメージはその作品でも感じられました。なんか彼だったら人が良すぎてこんな風に追いつめられちゃったりするのかな、とか思ってみたくもなります。

役柄のせいもありますが、レスリー・チャンにはあまり。。。むしろチャン・チェンが良かった。最近アジア映画を観るようになったこともあり、この作品を観るまで彼のことを全然知らなかったのですが、過去のリストをみると「呉清源」の主演、「レッドクリフ」の孫権ってビッグネームじゃないですか(@@;。


そしてなんといってもピアソラ!実は観る前は知らなくて、最初の音で、「あっ」と思った次第。間違いなくもう一人の主演です。


派手な作品ではありません。冒頭にいきなりベッドシーンが出てくるのでそれで過度に嫌悪感を感じなければ後半の素晴らしい展開が待っています。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、観て損は無いかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ