ここから本文です

ブエノスアイレス (1997)

春光乍洩/HAPPY TOGETHER

監督
ウォン・カーウァイ
  • みたいムービー 272
  • みたログ 1,175

3.75 / 評価:342件

世界の果て、世界の裏側で何を思うのか

  • Beautiful Movier さん
  • 2013年8月7日 20時02分
  • 閲覧数 1492
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

いろんなエンタメコンテンツでよく出てくるテーマですね。
わたし的に一番心に残ってるのは漫画「ハチミツとクローバー」
主人公の竹本くんが自転車で北海道のてっぺんまで行く。
走って行って、日本の果てで何を思うのか-
彼は「帰ろう」と思った、そんな記憶があります。

世界をテーマにしても、一緒ですね。

現実(香港)から逃避行し、その裏側(アルゼンチン)に逃げ込んでも
世界は変わらない。やり直す、ためにはきっと決意と前向きな姿勢が必要だろう。

後半、トニーレオンが精肉工場で働いている場面で
休日返上で働いて、道に流れる牛の血を洗っているシーンが印象的だった。

血をざっと水で流しても、また混ざりあってしまうように、
根気強く流し続けないと、流れ流されて、どこまでいっても変わらない。

ひとりの時はモノクロ、ふたりになると世界が色づく。
でもひとりでだって、世界に色をつけることはできる。

そんなようなことを、鑑賞後に考えてしまいました。


***
音楽と映像がお洒落を狙いすぎてるといえばその通りなんだけど、
ストーリーがゲイの男性主人公の、恋愛と人生をつらつら描いてるんで
そのくらいの凝った演出は必要なんじゃないかなーって思います。

レスリーチャンの色気凄かったですね。
あれなら何度でも元サヤに戻るのも説得力あります。笑
自分勝手で強引だけど妙に魅力的。
自分の意志で生きてこなかった、脱け殻のようなトニーレオンが、
チャンチェンに出会って恋をして、だんだんと彼から離れていきます。

チャンチェンがまた極めてグレーゾーンのいい男!なのだが
心だけ、体の熱で伝えてプラトニックのまま別れる。
語り過ぎない片思いが最高ですね。出会ってからのトニーレオン、良かった。
特にテープレコーダーのくだりはやばい。涙

恋の惑星もそうだけど、ひとりの男が新しい恋と人生に巡り会う物語ですね。

短いわりには退屈感が拭えなかったのがちょっと残念。☆5つ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ