ここから本文です

ブエノスアイレス (1997)

春光乍洩/HAPPY TOGETHER

監督
ウォン・カーウァイ
  • みたいムービー 272
  • みたログ 1,175

3.75 / 評価:343件

女々たち

  • smile_steal_er さん
  • 2007年3月22日 15時17分
  • 閲覧数 1106
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

「やり直そう」
甘えん坊のラビット・ボーイは再度言う。


『ブエノスアイレス』


 "女々しい"という言葉は女性には似つかわしくないように思える。
 英訳すると"unmanly"あるいは"womanish"となる。"女のような"という意味だ。するとどうやら女を2つも使ったこの形容詞は男性にこそ相応しいようだ。


 本作を一言で表すとすれば、≪男色の異空間≫。
あぁ、なんと抵抗力のある言葉なのだろう…。男色。ついつい、ひぃと身をひいてしまいそうになる。

 では、こうしてみる。男色という語は陰間と同義だ。したがって、本作を一言で表すとすれば、≪陰間の異空間≫。
あれ、ちょっと魅惑的な響き…。そっと覗いてみたい気もしなくもない。

 ウォン・カーウァイ。陰間の世界を見事に美しく表現している。
どうぞ覗いてみて遊ばせ。



感想:
 このような世界があるということは何ら不思議ではない。たまたま男に生まれ、たまたま男に惚れた。それだけ。

 男らしい男がいる。女らしい男がいる。それだけ。

 それだけ。
別になんてことはない。

 フェミニズムやグローバリズムが広く普及しつつあるように、この○○○ズムもまた容認されるべき1つの事象なのだろう。そしてまた、容認される世界こそが、正しい世界であるように僕には思える。



おまけ:
 『ブエノスアイレス』ファン・ナンバー69。

・・・それだけ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ