ここから本文です

ブエノスアイレス (1997)

春光乍洩/HAPPY TOGETHER

監督
ウォン・カーウァイ
  • みたいムービー 273
  • みたログ 1,176

3.74 / 評価:345件

二つとない作品

  • nan***** さん
  • 2007年8月9日 12時26分
  • 閲覧数 2072
  • 役立ち度 28
    • 総合評価
    • ★★★★★

 一言で言えば,よくある痴話げんかや腐れ縁のお話。
 でもなぜこの作品はこんなにも切なく,魅力的なのか。
 ありきたりの男女ではなく,トニー・レオンとレスリー・チャンの組み合わせ。
 舞台は退廃的なエロスの香り漂う南米のブエノスアイレス。
 クリストファー・ドイルの異次元世界のような目くるめく映像のマジック。
 ピアソラのタンゴの情熱的で哀切な調べ。
 ウォン、カーウイ監督の天才的な感覚。
 
 アジアの男性は欧米の男性が出せないセクシーさを醸し出すなあと思った。二人が抱き合ってしなやかにタンゴを踊るシーンを見て。

 奔放で,わがままで,寂しがりやで,甘え上手のレスリー。ほとんど地で演じているみたいにみえたけど,どうなのかな。恋人に煙草の火をねだるシーンは,どきっとするくらいなまめかしく,母性本能をくすぐる。

 困惑顔が様になるトニー。この役自体に実は困惑しまくっていたりして。でも,恋人に対して限りない包容力と同時に,強い独占欲も持っていて,その狭間で苦悩するトニーの表情は何とも切なかった。

 ラスト,トニーが去ったアパートでむせび泣くレスリーの姿が,その数年後に自ら命を絶った彼自身と重なって,痛々しくやりきれない気持ちになった。

 今でも,あの混沌としたけだるい南米の街を,彼が恋人を待ちながら彷徨っているような気がする。



 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ