ここから本文です

エアフォース・ワン (1997)

AIR FORCE ONE

監督
ウォルフガング・ペーターゼン
  • みたいムービー 73
  • みたログ 4,641

3.74 / 評価:924件

ハリウッド・パンチ

  • HAL2016 さん
  • 2015年11月24日 11時09分
  • 閲覧数 1034
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ハリスン・フォードは昔からパンチが良い役者だ。
インディアナでもハン・ソロでも、
そして大統領となってもあのパンチを放つ。
必中のアンパンチ、相手は止まる、避けられない。あんなに大振りでも。
あれは結局のところ、黄門の印籠であり、スペシウム光線なのだ。ライダーキックであり、「御無礼」なのだ。
自由の国が直接選挙で挙げたヒーローは強いのだ。初めからテロリストや独裁者が敵うわけがないのだ。映画の中では。

とにかく、ハリスン大統領は見栄え良くカリスマ性がある。それだけで十分プレジデントだ。それだけで成立している。



最後に、カッコよすぎるオペレーターの終盤のセリフ。
「当機は呼称変更、たった今エアフォースワンと成った」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ