ここから本文です

メン・イン・ブラック (1997)

MEN IN BLACK

監督
バリー・ソネンフェルド
  • みたいムービー 123
  • みたログ 8,321

4.02 / 評価:1,554件

「あの映画」の後で見ると 気分爽快!

  • yuw***** さん
  • 2019年8月27日 9時10分
  • 閲覧数 300
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画を初めてテレビで見た時、「あの映画」と設定が似てるなぁと思った。
けれど、この映画はものすごいテンポの良さ、円満解決、地球も宇宙の仲間入り?って感じで、とにかく楽しかった。何度でも見れる。というか見ちゃう。

で、「あの映画」についてなんだけど・・・タイトル忘れた、出演俳優もノーチェック。
とにかくシリアス。ラストはブラック。
以下、「あの映画」のネタバレになるけど。
*********
ある日、男がサングラスを拾ったところから話がスタート。そのサングラスをかけて周りを見渡すと・・・なんと!
道行く人に人間以外が混じってる!顔だけ違う。仮面ライダーみたいな顔だったかな?
テレビを見てもそう。有名人、または地位のある人などが人間ではない宇宙人!
会社に行っても同じ。上司や社長は宇宙人。その人達にペコペコしてるのが地球人。
サングラスを外すと、どの宇宙人もごく普通の地球人に見える・・・って話。
雑誌の表紙も変になってる。店先に並ぶごくありふれた様々な雑誌。しかしサングラスをかけて見ると「考えるな!」などのメッセージがでかでかと書かれていたのだ。
サングラスは、そういう「嘘」に気づいた地球人達が秘密裏に作ったものだった。宇宙人は電波によって地球人の目を錯覚させている。だからその電波を遮断して地球人たちに真実を見せよう・・・としてそれが成功して話が終わる映画。
真実が暴かれて、すぐそばにいた夫か妻か恋人が「あら、びっくり、宇宙人?!」で話が終わる。
*********
という「あの映画」を以前見たことがあって。
で、この「メン・イン・ブラック」を見たら。
あらまあ爽快!すべて了承済み。でも一般の地球人には知らせてない。けど、地球内の宇宙人をすべて細かく掌握・・・って。「あの映画」の悶々とした所がすべて解決済み!いやはやなんともスッキリ見れた。

そしてトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビがとっってもいい!
二人とも、「どこがいいのか漠然としてるけど、何かがいいのだ」っていう俳優と思ってる。
トミー・リー・ジョーンズは「逃亡者」で光ってた。なんでか知らないけど、主役のハリソン・フォードと同等に光ってた。こういうのって珍しい。
ウィル・スミスもいい。とぼけてて、おしゃべりで、ハチャメチャだけどたまにカッコ良く見えたり。陽気な性格っぽいのに、顔が哀愁を帯びて見えたりするから、どこか悲しげで魅力的・・・という俳優だと思う。

この二人が醸し出す空気感・・・というかどこまでもあっさりバッサリしてる関係というか・・・が、なんだかいい。

宇宙人たちもそれぞれに特色があって楽しかった。

・・で?今回の話の裏のテーマは「虫を殺すな」かな?「小さな虫にも命あり」とか?(いや、たぶん違う)

宇宙は広い。道を歩く時は足元にも気をつけないと(?笑)。(・・というシーンがあったのは「2」だったかな)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ