モハメド・アリ かけがえのない日々
3.7

/ 15

13%
60%
13%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

勇敢25.0%かっこいい20.0%ゴージャス15.0%絶望的10.0%パニック5.0%

  • エル・オレンス

    4.0

    世代じゃなくても引き込まれる名構成&名編集。

    当時の「キンシャサの奇跡」を全く知らない世代です。彼の存在は、2016年の訃報で初めて知りました。 そんな自分にとって本作は、モハメド・アリという人間を深く知るのにこれ以上にない最高のドキュメント映画だと思います。 彼の生来のカリスマ的な話術を大いに活かし、故郷のアフリカと現地のアメリカの大衆を熱気の渦に巻き込んで魅了させていく様が凄まじいです。こんなボクサーは中々いない。まさに唯一無二の存在! 彼の生き様を通して、黒人たちが抱くプライドや故郷アフリカへの熱き想いがひしひしと伝わってくる構成&編集も秀逸。 ====================================== ★1997年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞

  • bpp********

    4.0

    アリを知りたいならこれ。

    ディストローイ ヒム!

  • qaz********

    4.0

    知られざる歴史のドラマ

    本作を日曜にTUTAYA経堂店でレンタルしました。 私はアリといえば64年にマイアミにいた我がアイドルビートルズと対面した時の記述と写真しか知りませんでした。(一部のアリの伝記本とビートルズ本では写真が掲載されてます)。 さて、本作は長く諸事のトラブルで試合から遠ざかっていたアリが当時のチャンピオンとアフリカで再戦を行った模様を事の初めから最後までを関係者の証言(日本語吹き替えは証言者のみです)と後に「ソウル・パワー!」に流用されたBB・キング、ジェイムズ・ブラウンらの迫力満点のステージも織り交ぜています。アリの当時のマネージャーは後にマイケル・ジャクソンの最後の在籍となったジャクソンズの「ビクトリーツアー」やマイク・タイソンで悪名を轟かすドン・キングです。後と違いとても若いです。 たしかにアリは記者会見やインタビューで喚き散らしますがそれは関係者によるとアリ自身が自らを鼓舞し、挫けそうになった時奮い立出せる為だそうです。 最近亡くなったBBのライブは感激します。 「アリ・ボンバエ!」があの猪木のテーマソングの元ネタとは知りませんでした。それほど猪木のイメージが強いからでしょう。 ただ、生い立ちはやたら長く感じ、ビートルズの記述もないのがガックリでした。 でも、アリをパーキソン病の体を揺らすイメージしかない人は絶対見るべし!

  • すけきよ

    4.0

    ネタバレ行儀がわるい!!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kur********

    4.0

    ネタバレ自分より強い相手にも立ち向かうとき

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第62回

ドキュメンタリー賞

アカデミー賞第69回

ドキュメンタリー長編賞

LA批評家協会賞第22回

ドキュメンタリー賞

基本情報


タイトル
モハメド・アリ かけがえのない日々

原題
WHEN WE WERE KINGS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-