ここから本文です

モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996)

WHEN WE WERE KINGS

監督
レオン・ギャスト
  • みたいムービー 7
  • みたログ 49

3.69 / 評価:13件

知られざる歴史のドラマ

本作を日曜にTUTAYA経堂店でレンタルしました。
私はアリといえば64年にマイアミにいた我がアイドルビートルズと対面した時の記述と写真しか知りませんでした。(一部のアリの伝記本とビートルズ本では写真が掲載されてます)。
さて、本作は長く諸事のトラブルで試合から遠ざかっていたアリが当時のチャンピオンとアフリカで再戦を行った模様を事の初めから最後までを関係者の証言(日本語吹き替えは証言者のみです)と後に「ソウル・パワー!」に流用されたBB・キング、ジェイムズ・ブラウンらの迫力満点のステージも織り交ぜています。アリの当時のマネージャーは後にマイケル・ジャクソンの最後の在籍となったジャクソンズの「ビクトリーツアー」やマイク・タイソンで悪名を轟かすドン・キングです。後と違いとても若いです。
たしかにアリは記者会見やインタビューで喚き散らしますがそれは関係者によるとアリ自身が自らを鼓舞し、挫けそうになった時奮い立出せる為だそうです。
最近亡くなったBBのライブは感激します。
「アリ・ボンバエ!」があの猪木のテーマソングの元ネタとは知りませんでした。それほど猪木のイメージが強いからでしょう。
ただ、生い立ちはやたら長く感じ、ビートルズの記述もないのがガックリでした。
でも、アリをパーキソン病の体を揺らすイメージしかない人は絶対見るべし!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ