ここから本文です

喝采の扉/虎度門(フードゥモン) (1996)

虎度門

監督
シュウ・ケイ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.00 / 評価:2件

蕭芳芳の清々しさ

  • マキヲ さん
  • 2008年9月30日 1時28分
  • 閲覧数 327
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

粤劇(広東語オペラ)のベテラン女優・サムは、劇団での地位も安定し、人気もバツグン。
しかし家庭では、オーストラリア移住の事や一人娘の教育の事で、夫と少しギクシャクしていた。
そんな彼女の前に現れた若手女優のユクションとその恋人・チュン。
やがてサムと彼とを結ぶ、ある過去が明らかになる。

ジョセフィーン・シャオが潔くて飄々としてて良いです。凄くかっこいい。
この人は良い演技をするなあ。

ストーリーも一応の強弱はありますが、複雑な人間関係が、あくまで爽やかに描かれています。
アニタ・ユンの非常に抑え目の演技も見所。本当は、もっとよく笑う役のほうが好きだけどね。

実際にこういう事情を抱えた大人というのはもっとシリアスにヒステリックになるもんだと思うけど、
ダニエル・チャンを始め、当事者たちがとても活き活きとしているので、
これもアリかな~と思えてしまう。

日本版のキャッチコピー「人生にリハーサルはない」っていうの好きです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ