ここから本文です

女盗賊プーラン (1994)

BANDIT QUEEN

監督
シェカール・カプール
  • みたいムービー 16
  • みたログ 14

4.00 / 評価:6件

最高の内容・クオリティ

  • gumnutsinjapan さん
  • 2010年1月16日 15時03分
  • 閲覧数 981
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

実在した盗賊プーラン・デヴィの物語。一度見れば、一生忘れられない衝撃を受けます。

最下層身分の女として虐げられ続けたプーランが盗賊になった過程。彼女の人生に「安寧」の二文字はありません。

内容が内容だけに(虐殺とか強姦とか)、万人受けするという作品ではありませんが、私は高校生の時に見て感動しました。

プーラン自身がすごい人なので、ストーリーが面白く飽きがこないのは当然でしょう。私が着目するのは監督の技術です。ドキュメンタリーかと思わせる撮影テクニック。カメラワークも、まるで自分が群衆の一人のようなアングルだったり、建物の2階から外を覗く人だったり、あるいは逃げ惑う群衆のような視点です。

状況説明(たとえば「今潜水艦の中にいます」ということだけを伝えるためにだけ、海中の潜水艦のCGを入れる)のシーンや、こういうきれいなグラフィック作れます!というアピール映像を多用する映画が多いと思います。でも、こういうシーンってなくても映画として成り立ちますし、そういうカットが多い映画を見ていると私は途中で飽きてきます。女盗賊プーランにはそういった「入れなくてもいいカット」というのが一切存在しないように見えますし、見ている最中に時間が気になるということもありませんでした。

映画好きの人も、そうでない人も、見てほしい一作です。
なかなかレンタルビデオ店に置いていないのが残念です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ