シャイニング

THE SHINING

268
シャイニング
3.5

/ 137

24%
28%
31%
9%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(22件)

恐怖21.1%不気味14.0%泣ける10.5%切ない10.5%悲しい8.8%

  • kad********

    4.0

    感情移入させるということ

    派手さはないが、堅実に、真摯にカットを重ね、登場人物に着実に肉付けしていく演出。あくまで脚本に忠実に、ていねいに彼らのドラマを重ねていく。監督にとっては自己主張のできない地味な作業だったかもしれないが、その積み重ねは物語が進むにつれて実り、登場人物は血の通った”人間“になる。 そんな”人間“の織り成すドラマは、何よりも怖い。同じ人間として、感情移入して観てしまうからだ。 人物や物語の良さを感じさせるのも、また演出の力なのだと思った。

  • tatitukusumaegam

    5.0

    泣いた…

    もう最後のシーンが…… お父さん……(;_;) 長いけど、映画よりこちらが好きになりました。購入して良かった… (ただ黒人男性の名前、どうにかならなかったのかな…なんでそれにしたのか…)

  • aki********

    5.0

    ネタバレまあまあ面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • さくら

    4.0

    こちらの方が良い

    映画に比べて、こちらのほうが遥かにいい。 ストーリーの筋も通っているし面白い。 しかし、DVDで両面二層は久しぶりに見ました。

  • ラスクスラ

    4.0

    映画で省かれた重要部分が明らかに・・・

    映画版は過去3回観ましたが、最初観た時は、余りの映画のテンポの遅さに開始30分で寝てしまいました。 結局、最後まで目の前で何が起こってるのか?もよく理解できないないままでした・・ で、初見の感想は、ブレのない追走動画の迫力だけ際立ってて 「こりゃ、ステディカムのプロモーション映画だな・・・」でした・・・ 原作者のスティーブン・キングが監督に激怒したのも解ります・・ 後に、キング自身が1997年にミニTVシリーズ化した今作を観たほうが原作の本来のファンタジー要素や何故狂ったのか等話の全体像がちゃんと解ります。 というか、映画では重要な「ある部分」が全く触れられず描かれてもないので解るわけないのです。 よって、映画だけ観て分かったような気でいるのは単なる勘違いでしかありません。 映画版は、その要素を敢えて外して描くことで、解りやすい商業的SFファンタジーに成ってしまうのを避け、キューブリック自身の考えるキューブリックらしさを貫き作家性とリアリズムを守ったんじゃないでしょうか? 映画版なら高地的低酸素状態・閉鎖性・孤立により引き起こされた心療内科的な錯乱や集団催眠といった現実的な解釈も可能な状態をある程度保てます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シャイニング

原題
THE SHINING

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル