ここから本文です

タイタニック (1997)

TITANIC

監督
ジェームズ・キャメロン
  • みたいムービー 304
  • みたログ 1.5万

4.24 / 評価:4122件

多くの賛否を集めるのも名作だから

  • osakadesu333 さん
  • 2010年11月19日 19時34分
  • 閲覧数 342
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

正装で終えたい人とか、楽器をひいていたい人とか
操縦室にいたい人とか、お祈りをする人とか、
一方生きることへ執着し続ける人とか、
そういうパニックになる人たちを抑えようとする人とか、
色々ですけれど、死への恐怖はみんな共通しているはず。
あの危機的状況の中で自分だったらどうするんだろう、
なんて想像することも難しいですが、
だからこそ「毎日に感謝」という重みを実感できます。

そう、なんか思うことは、「明日天災やら事故やらで
死ぬかもしれないんだからね」なんていう想像が
タイタニック号では現実に起きているわけです。
それは、幸せの絶頂!って思っていた直後であっても。
私は最近漫然と生活していて、もっと刺激が欲しいとか思ったり
ちょっと嫌なことがあるとすぐ落ち込んでしまったりするけれど
それは本当に幸せなことで、一日一日を
感謝しなければならないんだなぁなんてベタなことに
気付かされました。ベタなことに心の底から「あぁそうだなぁ」
って気づくのって案外難しいのかもしれませんね。

もう一つのベタは、愛です。
結局不倫じゃんなんて批判が多くありますが、
愛が微塵もなかったんだから当たり前なんじゃないかと
私は思いますけどねぇ。
っていうか事件や事故などのエピソードをもとに作った作品には
悲劇なのにパニックやロマンスを強調するなんて
どういう神経してるんだ、なんて批判がつきものですが、
全世界の人々にタイタニック号沈没事件を印象付けている
という大きな役割は否定できません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ