フェイス/オフ

FACE/OFF

138
フェイス/オフ
4.2

/ 1,689

43%
37%
15%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(295件)


  • kei********

    1.0

    とんでも設定

    二流劇画までにしときな、実写じゃ子供騙し。馬鹿にするな映画。

  • mon********

    4.0

    アクションシーンは迫力満点

    現在のトラボルタは午後ロー俳優のイメージ。ニコラスは若いアジア系女性と結婚離婚繰り返す残念おっさんイメージ。 だから、この映画ではかっこよくて渋くて熱い演技してるけど、どうにも伝わってこない。 ガンアクションシーンなんか昔々とは思えない…昔々だからなのか、迫力満点!撮影大変だったろうな。 とんでも設定だけど、わりと楽しめたし、家族愛とか仲間愛とか良くできていて、見て良かった作品です。

  • tor********

    5.0

    ケイジ・トラボルタのツートップ

    仇敵同士の顔が入れ替わるという無理のある設定ですが そんなことも気にならなくなる怒涛のアクションとストーリーでした。 主役2人の存在感がたまらなく魅力的です! 中弛みも無く、一気にクライマックスへ。 細かいことは全部蹴散らし 全てを物語の力でねじ伏せた豪快な仕上がりの一品です。

  • 風よ吹け

    5.0

    悪役も善人もできる二人の

    「顔を取り替える話」という印象しか残っていなかったのですが、見直すとなかなか面白かったです。ジョン・ウーは、「ミッション:インポッシブル2」の印象が強くて格闘シーンばかり長い人と思っていましたが、このころの方が充実してますね。 ジョン・トラヴォルタもニコラス・ケイジも達者ではあるのですが、正統的な正義の味方とはいいづらいクセのある俳優で、その陰影を楽しむ方法としては、この映画はうまく処理したな、と思いました。 前段で、アーチャーが回転木馬でキャスターに息子を殺されるシーン、何であの距離でミスるんだよ、というのはちょっと納得いかないんですが。アクションシーンで銃弾をあれだけ撃ってほとんど当たらないのって、リアリティーがないな、とか、登場人物に身近な人間の死は気にするけど、巻き添えを食ったFBIの善玉も、自分の身を守るためにはこだわりなく死なせてるとか、モラル的にもどうかな、と思う部分も多々ありました。 それでも、いろいろとありえない設定を超えてゆくと、そこに興味深いドラマが見えてくる、というのは評価できるなと思います。 特に面白かったのは、それぞれの立場になって入れ代わって見たところで、それぞれの家庭や職場における環境がすべて悪化したか、というとそうでもなくて、本人の心理も、いままでとは違った立場でシンパシーを抱くようになって混乱していくところで、アーチャーが、キャスター本人も知らなかった息子の存在を知って、かつて亡くした自分の息子に重ね合わせるシーンは、この映画の白眉だと思います。それがあるからラストがより感動的になるという。

  • ピカリコトッキー

    5.0

    ちょいと古いが二大スターの共演は最高

    ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジ、これまでの立ち振る舞いを見ても 役が逆の方がしっくりするけど、何とトラボルタいいパパ役じゃないか。 顔が変わってるのを知っている観客でも、エッ、撃ち合いをやってる今って どっちが警察だったっけ? と、チョイと混乱するほどな心理にさせられます。 久し振りに️5つ。

  • つっちー

    5.0

    最高です!!

    もう、ストーリーから役者さんから音楽まで、全てが最高で、ラストシーンのアダムとのやりとりでは涙が出ました… もし星6があるなら、6をつけたい程の最高の映画でした! まだ観てない方には、超お勧めします!!

  • 駿

    5.0

    発想が面白い

    殺人犯と刑事の顔を入れ替える。この発想が非常に良い、ガンアクションも最高です。

  • 田中マン

    5.0

    名作

    テンポ良し、アクションかっこ良し、ストーリー良しといった具合の名作。まさにエンターテイメントの真骨頂。現実路線が好きな人にはハマるかわからないけど、とにかく面白いです。マジでオススメ

  • 一歩いっぽ

    5.0

    何度観ても興奮がやってくる

    とにかくスピード感がすごく息をつかせぬ興奮を味わえます。ラストの格闘シーンも2020年の今のCD技術を駆使した作品とも全く遜色なく、カメラワークの見事さを改めて感じます。主役2人の眼力も印象的で、主人公に都合よすぎるストーリー展開を差し引いても間違いないなく傑作と思える1本です。

  • tok********

    5.0

    二人の入れ代わり後の演技が絶妙

    二大スター、ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの共演作。FBI捜査官:アーチャーとテロリスト:トロイの顔を入れ替える。入れ替え手術のシーンは荒唐無稽だか、技術が進歩すれば有り得るのかな?甚だ疑問。そもそも顔の骨格が違うし、体は元のままだから、、、奥さんなら普通気づくよな?(笑)  アクションシーンはすごい、面白い。二人の入れ代わり後の演技が絶妙。

  • kak********

    5.0

    これぞ正真正銘二大スター競演映画の傑作!

    二大スター競演は良くある宣伝文句でもあるが、文字通りの内容で満足感が大きい作品はそれほど多くない。それが実現したのが本作品である。その二大スターは「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタと、「コン・エアー」のニコラス・ケイジ。 物語が奇想天外なのに全く違和感なく見られるのは、二大スターの持ち味が最大に活かされ対等に演技を競った結果に他ならない。お互い一歩も引かない演技力を引き出したのは、「男たちの挽歌」や「レッドクリフ」を手掛けた香港を代表する監督ジョン・ウーである。 ネタばれなしに見た方が楽しめるので、詳しい内容は省くが、一人二役的熱演を二人の大スターの競演で見られる映画は希有である。紛れもない娯楽大作に仕上がった裏には、サービス精神に溢れた香港映画の原点がある。これでもかと手抜き無しに楽しませる香港映画の魅力がハリウッドへ上陸した事の意義は大きい。 共演では、「ジェイソン・ボーン」シリーズ2作目からCIA上官役を好演のジョーン・アレンと、ウォシャウスキー兄弟の初監督作品「バウンド」で高い評価を得たジーナ・ガーションが重要な役を演じ脇を固めている。主役が二役的活躍をすれば脇役もそれに応じた演技が要求され二重構造の人間関係が見所になる。 バイオレンスなのに美的センスが漂い、ノンストップ・アクションなのに人間味溢れるドラマが展開するという贅沢な映画で、挿入歌としてオリビア・ニュートン・ジョンの「虹の彼方に」が流れるシーンはスタイリッシュでもある。見終わった時に胸が熱くなるのが傑作である証と言える。

  • nak********

    4.0

    今ならIMFで3Dマスク!

    ミッションインポッシブルを観た後これを観ると古臭さはあるけど、何でもCGよりかえって面白い。 細菌兵器の場所を聴くのに顔から体型まで全て変えて刑務所潜入? ストーリーには無理あるが当時の2大スターが頑張ってアクションしている。(今はどちらもイマイチ)まあまあ面白かった

  • ko_********

    4.0

    実際あったらとても怖い

    優秀な警官と悪党が顔が変わるストーリー。 序盤、トラボルタが善人の役で物足りない感があったが、 フェイスオフで顔が変わってからは、悪党ぶりを発揮して持ち味が出ていたと感じた。 ニコラスケイジも序盤の悪党ぶりがぶっ飛んでいてそれもそれで良かったが、フェイスオフ後は正統派の善人になり安心して観れた。 トラボルタ、ニコラスケイジの二人の役者がフェイスオフ前後でしっかりキャラを演じていてとても面白かった。 しかし、実際にあったらとても怖くとてもこんがらがり、 このドラマでも警官アーチャーの奥さんと娘がどちらを信じていいのか分からなくなり、人間不審になってしまうだろうと思った。

  • gob********

    4.0

    悪は能力である。だが、

    FBIとテロリストがひょんなことから入れ替わるお話。 全編を通して感じること。 それは、「 悪は圧倒的な強さ 」であること。 人を殺せない男と容赦なく人を殺せる男。 当然、殺せる人間の方が、やれる範囲が広く 目的達成もしやすい。 そんな圧倒的ハンデにより、 ことごとく悪人の思うままにことが進んでいく。 かなりもどかしいストーリー展開だが、 現実世界においても、悪人の方が圧倒的な力 があることは事実。 そして悪というのは時に魅力的でもある。 頼りない男より支配的で、自信に 満ち溢れた男に惹かれる女は数知らず。 そんな、悪の能力を全面に示しながらも、 最後は善でありたい。と観ているものに 感じさせてくれる、そんな映画。 そして、ただの勧善懲悪ムービーとして終わるのではなく、 ・悪であり続けることが常に犠牲も伴うこと ・一般的な善と呼ばれるものが本当に善なのか? と、それぞれの負の側面への問いかけも きちんとちりばめられていることが、 映画に深みを持たせています。 2人の主人公それぞれに深く感情移入しながら 自分の中の善と悪のバランスを 見直すことができる良作です。

  • izq********

    4.0

    ネタバレ絶望的展開と壮絶アクションと家族愛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    3.0

    3.5くらい

    設定が興味深かった。ニコラスケイジの演技力がジョントラボルタよりも上回っていた気がする。そこが気になって、がっつりは没頭できなかった。

  • スーザン

    4.0

    ジョン・ウーの真骨頂。

    ストーリーは荒唐無稽なトンデモ設定だが、これが面白い! 何回も観たけれど、いまだにエンタテインメント性抜群で楽しめる。 ニコラス・ケイジとジョン・トラボルタが入れ替わった時の演技の変わり様も見どころ。 ジョン・ウーのアクションが冴える。

  • エル・オレンス

    5.0

    対の2役設定が天才過ぎる!!!

    何この奇抜な発想センスは!!こんな類の映画は観たことがない! ニコラス・ケイジは、前年の『ザ・ロック』(1996)では正義漢溢れるFBI、そして本作では、FBIに追われるテロ凶悪犯を演じているのがなんとも面白いですね。(しかも両作とも細菌テロというw) 本作一番の素晴らしさは、エンディングで、この二人が同等に報われるところです!このエンディングを考え付いたスタッフはもう天才としか言いようがない! アクションシーンにおいても、ジョン・ウー節といえる要素が沢山詰め込まれていて、迫力満点! ジョン・トラボルタのベスト・アクトと聞かれたら、『パルプ・フィクション』(1994)、そして本作。何度でも観たくなるアクション傑作映画!

  • u

    4.0

    ネタバレかっこいい〜

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    ニコラス・トラボルタとジョン・ケイジ!?

    『午後のロードショー』で鑑賞! 何回目かわからない! でも、ここのレビューを書いてないから、ここ数年は観てなかったのか? なんと言っても、複雑なのが、ニコラス・ケイジの役どころである! どれくらい複雑かというと、トラボルタ演じる善人FBI捜査官が、ニコラス・ケイジの姿となり、ニコラス・ケイジ演じる極悪人を演じようとするのである! もう、訳わかんない! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

1 ページ/15 ページ中