ここから本文です

ブレーキ・ダウン (1997)

BREAKDOWN

監督
ジョナサン・モストウ
  • みたいムービー 49
  • みたログ 646

3.63 / 評価:256件

カート・ラッセルにはピンチが似合う

  • jig***** さん
  • 2011年8月7日 20時49分
  • 閲覧数 822
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

片田舎で車がエンコしちゃったらご用心。
どこからともなく現れた人たちに付狙われること請け合い。
そんな恐怖を描いた作品ですが、
まぁ序盤は夫婦ののんびり旅をご堪能かと思いきや、
妻はどこかにいなくなる。
立ち寄った店では誰も知らないと抜かしやがる。
オレの女房どこいったーー!
と、半狂乱なカート・ラッセルでしたが、
実際居たはずの妻が居なくなったとか、
えらく怖いんですけど・・。


しかもよそ者はとっとと失せろ的な視線を
向けてくる面々どいつもこいつも敵なんじゃなかろうかと
精神的にまいってしまいそうですが、
さすがは我ら?のカート・ラッセルさん、
怒りまくっている割にはとにもかくにも妻はどこだーと
行動力ありまくりです。


その行動力の甲斐あってか、
悪漢どもと対峙するわけですが、
ピンチの時にチャンスありなのかカートさん、ピンチに強い!
後半は怒涛のカーアクションまで繰り広げ
逃げ切れるのか?とハラハラドキドキの展開でございます。


それにしても
当時はCGなんてなかったでしょうに、
本物の車のクラッシュ映像とか力入ってるな~と感じます。
これで爆破も加われば「西部警察」だね。


とにもかくにも必死の形相で
妻どこだ!のカートさんの必死さがえらく熱くて
作品の勢いとともによく伝わりました。
やっぱり、早く逃げて!あ、危ない!
という描写が素晴らしいと作品にものめりこめますよね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ