レビュー一覧に戻る
同居人/背中の微かな笑い声

yv3********

5.0

ネタバレ近頃よくある冷たい遺伝子・DNAの同居人

レビューのタイトル通りに、背筋がゾッとゾックとする感じの結末のサスペンススリラー映画です。 ホラー的な臭い・匂いのタイトルですが、何の気なしの家族間の内輪揉めです。最近、この手の心理描写を扱うサスペンス映画が粗製乱造的に多いのが気になります。公開中のルームメイトも心理描写を扱う興味深いテーマです。旅の醍醐味の基本は移動だと思う。流れるパノラマ、心地よい振動、好きな音楽を聴きながらずっと乗り物に乗っていたい衝動を誘います。どこにも行かない乗り物があればいいのにと思うこともしばしばです。 都バス最長路線の存在の情報を有難うございます。やたらと長い30キロあり、行き先は青梅なのですね。 今度、青梅に何の用もないけれども暇を身繕い乗ってみたいと思います。徳洲会献金問題で本来ならば、決着辞任といった決断も問われる猪瀬直樹都知事ですが、石原前都知事に次ぎ任期半ばで、またしても現職都知事の辞任となれば、政治不信に陥り都政に支障が来すと思われます。しかしながら、毎度、毎回、懲りずに起こる政治家の永遠の死活問題である"政治と金の問題"は、切っても切り離させない亡霊の様な負の存在だと思います。

閲覧数383