レビュー一覧に戻る
シーズ・ソー・ラヴリー

naknak

5.0

どうしようもない愛情の塊

めちゃくちゃ面白かった。 純愛と対極の純愛というか・・・。 人は理屈じゃないところで、本能的に動くんだ、という世界。 こういうストーリーだと、つじつま合わせを求めるのは無粋というものです。 トラボルタ、ロビン、ショーン3人ともとても素敵で可愛らしい。 結局大人になっても、欲する気持ちは無邪気で残酷ってことかな。 好き嫌いがハッキリ分かれる映画だと思います。 ★で言うと、1か5か、みたいな感じです。 私は、もちろん5です。 見たことありそうで、見たことの無い作品でした。 才能を感じるなあ。

閲覧数268