レビュー一覧に戻る
シーズ・ソー・ラヴリー

eku********

2.0

ネタバレ母親としての自覚ゼロ

いくら昔の恋人が忘れられないと言っても、自分のお腹を痛めて産んだ 子供達を捨てて、駆け落ちできるものなのか!? 捨てられた子供達の将来はどうなるの? 多感な年頃に『親に捨てられた』という最悪の記憶を植えつけられて どんな大人になってしまうんだろう? 小さい頃に親に虐待された、捨てられた、という人は、自分が親に なった時に、同じ事を自分の子供にしてしまう、と聞くけれど・・・。 どん底から救ってくれた旦那さんへの感謝の気持ちもないの? 『恩を仇で返す』って、このことじゃないの? こういう恋愛は、理解できないなぁ。 こんな女性と結婚したくないなぁ。 映画として観てみると、ショーン・ペンの演技は『さすが』 という印象です。 弱い犬ほどよく吠えるという例えのとおり、本当は気が小さい のに、粗暴な振る舞いが多いあたり、迫真の演技ですね。 刑務所の中で過ごした時間も認識できなくなるほど異常な 精神状態にあり、昔の恋人のことだけをひたすら愛する 哀しい男。 ストーリー自体は『こんなの嫌だ』ですが、ショーン・ペンの 演技のすごさで☆☆です。

閲覧数284