ここから本文です

風が踊る (1981)

風兒{足易}踏{足采}/CHEERFUL WIND

監督
ホウ・シャオシェン
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

3.00 / 評価:1件

可もなく不可もなく

  • おーちゃんver2 さん
  • 2007年10月14日 7時41分
  • 閲覧数 142
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

台湾のとある海辺の町に撮影に来ていたカメラマンの女性が、
そこで盲目の男性と知り合い、交流を深めるところから話がスタート。

その後、台北に戻っていた彼女はそこで偶然に再会。
男性は角膜移植手術を受けるために都会へと出てきていた。

男性が手術に成功し「新たなる出会い」をしたふたりの関係は
恋愛へと発展・・・というかんじの設定。

ここまで書けばかなりおもしろそうと思う人もいるかもしれないけど

映画は全体的に可もなく不可もなく全く普通という感じ。

映画の説明には、「彼女が徐々に惹かれていく」とあったが描写が曖昧でそれがほとんど感じられず最後のあたりにならないとそれがわからない。
そして最後はお決まりのパターンでお決まりのところに落ち着く。

テレビで観たけど、それで充分・・・映画館の大スクリーンでまで
観る必要性は感じなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ