ビヨンド・サイレンス

JENSEITS DER STILLE/BEYOND SILENCE

113
ビヨンド・サイレンス
3.7

/ 36

31%
31%
19%
17%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(17件)

かわいい17.2%切ない17.2%悲しい13.8%泣ける13.8%ロマンチック13.8%

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレ設定自体がすごく新鮮で引き込まれる。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cfd********

    5.0

    親子の物語

    手話の世界を少しでも知りたくて観た作品でした。 ドイツの映画に触れたのは初めてだったように思います。 映像が美しく、凛とした空気感、クラリネットの暖かみ、情動、が感じられる素敵な映画でした。 映画とは別になりますが、母親役のエマニュエル・ラボリさんがご自身の半生を執筆された「かもめの叫び」という本も、学びになりました。

  • shi********

    4.0

    ネタバレララの子役が上手い、映像が美しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pas********

    2.0

    ありきたりの内容かと。。。

    もう少し期待していたのですが、 結末は特に意外なものでもなく 物足りませんでした。

  • oce********

    3.0

    愛情の矛先

    聾唖の両親と暮らすララ。 興味を持ったクラリネットに夢中になるが、父は反対し二人の間には大きな溝が。 やがて成長したララは演奏家になろうとする。 ごくありふれた家族のドラマだが、家族間の亀裂や愛情というものをしっかり描いているからまともに見れる。 ただし配役には疑問が浮かぶ。 少女時代のララが子役として上手いので、成長したララには違和感が少しあった。 そこが勿体ない部分。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ビヨンド・サイレンス

原題
JENSEITS DER STILLE/BEYOND SILENCE

上映時間

製作国
ドイツ

製作年度

公開日
-

ジャンル