ここから本文です

アンナ・カレーニナ (1997)

ANNA KARENINA

監督
バーナード・ローズ
  • みたいムービー 30
  • みたログ 230

3.51 / 評価:39件

リバイバル作品レビュー

1948年、ビビアン・リー主演との対比でレビューします。
ソフィ・マルソーのアンナ・カレーニナ。
音楽に壮大なクラシックが流れる、ロシア色の強い演出。
随所にロシアの景色が広がり、往時のペテリブルグを感じさせる設定に時折ロシア語を交えた会話がトルストイの小説のよう。
気品あるアンナ役をどう演じるのかと思って見ていたソフィ・マルソーも迫真の演技で良かった。
エンドロールでのチャイコンが流れるシーンは、オーケストラのバイオリンの響きがアンナの一生を振り返っているようで、まぶたを閉じていても涙を誘う。
クラシック音楽好きにも一見の価値ある映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ