ここから本文です

SHOAH ショア (1985)

SHOAH

監督
クロード・ランズマン
  • みたいムービー 74
  • みたログ 33

4.55 / 評価:11件

解説

第2次世界大戦中、ナチスドイツによるユダヤ人強制収容所とホロコーストの全貌を関係者が語り尽くし、全編約9時間半に及ぶインタビュー集にまとめたドキュメンタリー。収容所から生き延びたユダヤ人、元ナチス親衛隊員、収容所近くに住んでいた農夫、ユダヤ人移送のための機関車運転士、ポーランド亡命政府の密使らが証言者として登場する。監督は、数多くのドキュメンタリー作品を手掛けてきたクロード・ランズマン。証言のみのストイックな作品構成で語られる内容の重みに衝撃を受ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ヘウムノ絶滅収容所の生還者シモン・スレブルニク氏が労働中に口ずさんだポーランド民謡は、近隣住民の記憶に残っていた(第1部)。トレブリンカ強制収容所の元ナチス親衛隊伍長フランツ・ズーホメル氏がユダヤ人移送の詳細を語る(第2部)。トレブリンカ強制収容所からの生還者アブラハム・ボンバ氏はガス室内で女性収容者の髪を切った体験を語る(第3部)。駐英ポーランド亡命政府の密使だったヤン・カルスキ氏がワルシャワ・ゲットーの悲惨な実態を語る(第4部)。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ