ここから本文です

絶体×絶命 (1998)

DESPERATE MEASURES

監督
バーベット・シュローダー
  • みたいムービー 26
  • みたログ 508

3.29 / 評価:146件

解説

 サンフランシスコの刑事フランク・コナー(アンディ・ガルシア)には、9歳の白血病の息子マシューがいた。骨髄移植のみが頼みの綱。コナーは適合者を見つけるため、FBIの極秘資料を入手。ただ一人の適合者を見つけた。その男はピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)。終身刑で投獄されている極悪人だ。コナーは彼に接触、骨髄の提供を頼むが、男は無反応。が、後日、ドナーになるとの報が入った。マッケイブは総合病院に移送されたが、実は彼は脱走を狙っていた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ