アサインメント

THE ASSIGNMENT

118
アサインメント
3.2

/ 63

8%
29%
43%
17%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • kat********

    3.0

    海兵隊員を諜報(工作)に仕立て上げるシーンがショボくて…

    クリスチャン・デュゲイ監督。 「アート・オブ・ウォー」(2000年)、「世界にひとつの金メダル 」(2013年)が見知ってる作品でした。 主人公のエイダン・クインは、「アンノウン」(2011年)でリーアム・ニーソンと役を分け合った俳優さん。 そして悪役が多いドナルド・サザーランドが上官役を演じてた。 顔が似てると言う事でテロリスト狩りに抜擢された海兵隊員の話し。 海兵隊員を諜報(工作)員に仕立て上げるシーンがショボくて一気に安っぽく思えてしまった。 そっからは集中力を欠きながら何とかラストまで観ましたとも。 本作とは全然違うストーリーですが証人保護プログラムのシュワちゃん映画「イレイザー」(1996年)を突然思い出しました。 とりあえず最近のスパイ物みたいに複雑ではないので分かりやすく楽しめると言った感はあります。 それでも1997年公開とそれなりに前の作品なので多少のショボさはガマンです。

  • kak********

    4.0

    実在の国際テロリスト”カルロス”が主役?

    1997年のカナダ映画。実在のテロリストであるカルロスを中心に、陰謀渦巻くスパイ合戦に巻き込まれた主人公の数奇な体験が描かれて行く。監督は、「アート・オブ・ウォー」や「ココ・シャネル」を手掛けたカナダ出身のクリスチャン・デュゲイ。 物語は、イスラエル諜報特務庁(モサド)に誤認逮捕された主人公が、その事件をきっかけにスパイ合戦に巻き込まれて行くのだが、その役割は後になって明らかになる。一人二役で大活躍の主演は、TVシリーズ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でホームズの上司である警部役でお馴染みのエイダン・クイン。 共演は、カナダ出身のドナルド・サザーランドや「ガンジー」で主演を務めたベン・キングスレーといったベテランに加え、物語の進行上欠かせない3人の女性を、「デンジャラス・ライズ/偽りの記憶」のクローディア・フェリー、「天使にショパンの歌声を」のセリーヌ・ボニアー、そして「スキャナーズ3」のリリアナ・コモロウスカが演じて厚味を出している。 テロ撲滅作戦といった大がかりな作戦ではないものの、一人の国際テロリストを葬るべく各国の諜報機関がしのぎを削る有様は、ほどよい緊張感も加わり上質なサスペンスに仕上がっている。主演のエイダン・クインの演技力が光る作品で、厳しい任務に人格まで変わってしまう過程を見事に演じている。

  • miz********

    4.0

    エイダンクインがいい!

    ☆4つ。 二役で、しかも変わっていく途中や修羅場をくぐった後の違いとか、微妙な部分も難しいのにすごくうまかった! 最初は別人に見えた(それが凄い)のにだんだん同じに見えていったもんなあ。(実際同じ人だけど) ドナルドサザーランドもベンキングズレーもいい味です。 訓練はちょっと長いです。もう少しテンポ良いと良かったな。 が、作戦が始まってからはだいぶ面白いです。 あの人がとてもいい人だった。悲しい。 クライマックスの間違い?はドキドキです。 エンディングは嫌いではないです(笑) 私はまあそんな訳ないねって言う結論になりました。 しかしまあエイダンクインの目が青いこと青いこと! すっごい綺麗。 個人的にはプラクティカルマジックの彼が好きです。

  • bay********

    4.0

    ネタバレこれって実話なの?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    5.0

    ネタバレかなり名作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    同じ顔の男

    国際的テロリストの主犯であるジャッカルの暗躍。 手を焼いたCIAは最後の手段として、ジャッカルそっくりな海兵隊員に訓練を施して組織に潜入させようとする。 エイダン・クインの一人二役が一番の見ものであるのは確かだが、面白いのは訓練シーンの方である。 目を通したものはすべて記憶しろという洞察力の訓練など、プロらしい部分が垣間見える。 ドナルド・サザーランドやベン・キングズレーなどの配役も重みのあるキャスティング。 同年リメイクされた「ジャッカル」と奇しくも似た内容。 こちらの方が明らかに地味だが、見た後の満足度は高い。

  • kam********

    5.0

    理屈抜きに良い映画

    スパイ物の名作 軸のストーリーが秀免なので過度な演出は必要ない 悪名高きジャッカルを謀殺するという国家の使命に 従わざるを得ないものの、最後は男儀が発揮され、 期待が裏切られない 細部にわたって拘り抜いた映像も見る者を惹きつける スパイ映画に必須の台詞の少なさも良い 俳優陣も言うこと無し 埋もれてしまった傑作ですね

  • gag********

    5.0

    地上波放送(録画)にて鑑賞

    カルロスになりすます為の訓練過程など丁寧に描かれていてよかった。 テロリストのカルロスを演じるエイダン・クインの雰囲気はカッコ良く、善人と悪人の一人二役を好演されている。 脇を固めるキャストはドナルド・サザーランド、ベン・キングスレーと豪華。 実際に存在したテロリストを題材にしてるということで見応えありました。

  • nor********

    2.0

    最後のシーンは何?

    蜘蛛の巣にタバコの火を押しつけるシーンは何を示しているのか? 家族と暮らす主人公は誰ですか? 理解不能です。

  • mff********

    4.0

    これが実話だとすると類似の映画は?

    実話を基に作られた映画だとすると本当に「小説より奇なり」です。テロを憎むNAVAL OFFICERと凶悪テロリストを追うCIA諜報員の息詰まる展開は、最後まで飽きません。これが実話だとすると類似したシナリオの映画は、これをモデルにしたのかと思わせます。

  • red********

    2.0

    チープだけど最後はびっくり

    イマイチです。 全体的にチープな雰囲気が終始付きまといます。 訓練のシーンが特に安っぽいです。 ここで「あーもうだめかな」と思ったのですが、その通りでした。 フランスの諜報部員から追われるシーンは迫力があってよかったのですが、 どうにも全体的に軽いです。 カルロスは実在のテロリストですが、全然似てないです。 この映画のカルロスの方がかっこいいです。笑 最後はビックリします。 バットエンドかよ!みたいな。 でも…っていう。 工作員ものはボーンシリーズとかが秀逸で、 そういった作品を見た後に今作を見てしまうと相当キツイです。

  • いやよセブン

    4.0

    実在するテロリストのカルロス

    カルロスを暗殺するためにCIAは大胆な作戦を決行する。 そっくりさん(エイダン・クイン)を養成し、カルロスがCIAと接触していることをロシア側に信じ込ませ、ロシアの手で亡き者にしようとする。 前半はそっくりさんの教育訓練で、CIA(ドナルド・サザーランド)とモサド(ベン・キングズレー)が協力する。 後半はレバノンに潜入しカルロスの女を騙すが、フランスの秘密部隊が出てくる。 一旦、あきらめるがカルロスがベルリンに現れたため、作戦を再開する。 歴史の知られざる部分をスパイアクションに仕上げていて興味深い。

  • rep********

    3.0

    アサインメント

    他人は騙せても愛人にはバレるでしょう…?

  • RUKA

    4.0

    ネタバレ世界は広いのですね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nob********

    4.0

    ネタバレ実際の諜報戦に比べれば007はピーナツ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • agi********

    4.0

    硬派なエンターテインメントで見せる

    映画の冒頭のテロの爆破シーン これはB級かと思わせる際物っぽい処理 ところが一転してドキュメンタリータッチ 硬派で丁寧なサスペンスに変わる 潜入への訓練シーンはなかなか丁寧で後半の伏線にもなる この監督はサスペンスの緊張感は持たせる アクションシーンよりむしろそちらが見所 渋い俳優陣もそれなりに嵌っている 拾い物感は十分 ラストのどんでん返しもなかなか 面白い

  • jig********

    3.0

    緊張感がなかなかよい^^

    実在の人物と、 それにかかわったCIAと海兵隊員のお話。 実際にこの映画のような話になったのか? というところは疑問ですが、 潜入するための訓練。 テロリストとの攻防。 ロシアのKGBも加わって 繰り広げられる情報戦は 実際起こった出来事のようにリアルに展開します。 ただ、潜入するまでの訓練に時間がかかってるのが 映画としては残念かなぁと。 も~ちょっと短くても・・まぁあれくらい描いた方が 感情移入しやすいし丁寧なのかも。 テロリスト達との接触からの展開は 緊張感もあり、なかなかよかったかと思います。 冒頭のテロシーンとか、後半の攻防はなかなか見応えありです。

  • toy********

    3.0

    ネタバレ☆アサインメント☆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • myo********

    3.0

    ネタバレ展開は面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • こっと

    2.0

    CIAのオッサンはほとんどストーカー

    中盤あたりで、終盤の決め台詞が容易に想像できてしまい、そして想像通りの展開に・・。 でもまあ、最後の最後だけは騙されたけど。

1 ページ/2 ページ中