レビュー一覧に戻る
ライアー

ライアー

LIAR/DECEIVER

102

バツイチ王子

4.0

ネタバレティム・ロスの演技に翻弄されてみる

TSUTAYAの棚に手書きの推奨コメント付きで並んでて「ユージュアル・サスペクツ」よりダマされる!ってなこと書いてあったんですね。もう手にしていた「アンノウン」は後回しのため棚に戻しコイツを見ましたよ。 話の見せ方、三者三様それぞれの立場での物語の進行がうまく構成されてて面白いです。ははあ、そう言うことですか!と、パズルがハマっていく感じがいいですね。ただ、メリハリ少なく淡々と物語は進行しますので、しっかりついていかないとおいてかれちゃうでしょうか。そしてパズルの最後の1ピースは・・・この辺は多く語ると勿体無いので伏せておきますが、エンドクレジットが出たときに思わず発した言葉は 「え゛?」 でしたw それにしてもティム・ロスの演技がすごいです。富豪であり病的であり理知的であり暴力的であり、引出しの多い演技に感嘆しました。「海の上のピアニスト」しか見たこと無いと驚くかもしれません。この人一見信用できそうな感じだけど、やっぱり詐欺師な人物だと痛感。 TSUTAYAの勝利だけど  1800円(定価)

閲覧数296