ここから本文です

ライアー (1997)

LIAR/DECEIVER

監督
ジョナス・ペイト
ジョシュ・ペイト
  • みたいムービー 55
  • みたログ 427

3.38 / 評価:88件

まんまとしてやられた・・・。

  • ikecchi さん
  • 2008年12月20日 16時52分
  • 役立ち度 19
    • 総合評価
    • ★★★★★

何回観ても理解出来ない作品だとTSUTAYAで紹介されていたので、前々から気にはなっていたものの手を出すことが出来ませんでした。難解作品は苦手なので・・・。
でも、ティム・ロスのキレた演技というのが見たくて仕方なくて、やっぱり借りました。

娼婦殺しの罪をきせられたウェイランド、それを取り調べる2人の捜査官とのやり取りを画いたお話。

『ライアー』ってからには大嘘つきが登場してるはず!単純に考えれば嘘つきはウェイランドっぽい、だけど絶対裏がある!そして犯人は・・・・・・え~、お前かっ!!!
そんな感じで、どんでん返し系な作品・・・うん、面白い。面白いけど、そんなに難解じゃないじゃん・・・と思ってましたら、救護班に見覚えあるじいさんが・・・葬儀屋に見覚えあるおじさんが・・・って事は・・・やっぱりラストは・・・・・・え~、なんだやっぱお前かっ!!!

※ここからはネタバレ(でも間違えてるかも)

見終えて自分なりに考えました。
ウェイランドは全てに繋がっていた(ノミ屋ともケンの奥さんともエリザベスとも)ので情報は全て掴んでいる・・・ケンの二重人格という性質をいいことに殺人の罪を被せ、自分を病気だと偽り(この演技がすごいの!)、ノミ屋で買った薬で仮死状態になり、あとはじいさんやおじさんの協力もあり、自分を死んだことにして後はまた殺人を繰り返すんでしょう・・・多分。
前半、父親に「お前の人生設計は?」という問いに「この世界をもっと住みやすくしてやりたい」と答えたウェイランド・・・。この会話が全てを物語っているような気がしてなりません・・・。違ってたらごめんなさい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ