レビュー一覧に戻る
ライアー

ライアー

LIAR/DECEIVER

102

ind********

3.0

こらあ、結局なんだったの・・・けども

最初から何を見せられているのかよく解らないまま、それでも「何かありそう」ということで、最後まで鑑賞して、うおっとなる・・・。 ブライアン・デ・パルマだと、独特のカメラワークで、「こりゃきっと、恐怖もんかサイコもん・・・やでえ」と腹を決めて鑑賞するので、観る視点が定まるのですが、この作品は・・・わざと解りにくくしているのでしょうか、後半の展開のためには。必要だったかもしれません。 そして、登場人物がみんな闇を抱えながらお話が進むので、ほんとうに最後のどんでん返し直前の展開では騙されます。 そして本当の本当のどんでん返しで、その少し前の人々の様々な行動が、表情が・・・「はああ・・・そうだったの?」というはこび。 「アウト・レイジ」ならぬ、「みんな悪人」。 ブライアン・デ・パルマやデヴィッド・クローネンバーグ、デビッド・フィンチャーなどの作品がお好みの方には、少し楽しめる作品かも知れません。 それ以外の人には、チョウー!お勧めしません。

閲覧数1,098