レビュー一覧に戻る
L.A.コンフィデンシャル

L.A.コンフィデンシャル

L.A. CONFIDENTIAL

138

ma2********

5.0

ロロトマシは本物のロロトマシだったとか!

1997年カーティス・ハンソン監督作品。 内容は警察内部腐敗物語。この年にタイタニックがアカデミー賞作品賞を獲ったけど、自分的にはこちらの方が断然に上。 前に一度観てるんだけど、全く覚えてなかったな(汗) バド(ラッセル・クロウ)の猪武者のようなストレートな正義感。 エド(ガイ・ピアース)の不正を憎みつつ、出世欲丸出しの政治家気質。 ジャック(ケビン・スペイシー)のミーハーで裏で悪どいこともやる老獪さ。 この三人の刑事が時にはいがみ合い、時には助け合い、最終的には同じ事件の真相に迫る展開が優秀。 全体的に緊張感や迫力があり、全く退屈しなかった。 ロロトマシ(罪を逃れてほくそ笑む奴)がキーワードというのも粋である。 伏線が綺麗に張られてて、二度観ても新しい発見があるかもね。 納得出来なかったのが、エドがリンを襲うシーンの説得力がなかったな。 その動機の深堀りか演出が欲しかった。

閲覧数1,201