ここから本文です

L.A.コンフィデンシャル (1997)

L.A. CONFIDENTIAL

監督
カーティス・ハンソン
  • みたいムービー 636
  • みたログ 4,945

4.14 / 評価:1501件

ハードボイルド

  • dum******** さん
  • 2020年12月24日 20時15分
  • 閲覧数 768
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

昔見た覚えがあってたしか好きだったようなとぼんやり鑑賞しだしたら夢中に。
今見てもめちゃくちゃ面白い!

刑事3人、三者三様
ケヴィン・スペイシー演じる、お金に汚い悪徳刑事くさいが話が進むと刑事として真っ当なことがわかるジャック。主人公だと思い込んでたから途中リタイアした時の衝撃!

ラッセル・クロウ演じる猛獣みたいなバド。勝手に犯人殺しちゃうからヤバいやつかと思いきや、女性を痛めつける男を許せない熱い刑事。

身内も売り、若くして出世するガイ・ピアース演じるエド。周りには出世の虫と思われるも、本人は正義感の塊。幼い頃に父親を殺して逃げたままの犯人に名前をつけ、犯罪を犯して逃げる奴を許すまじの一心で刑事に。

最初こそ正義感から背後から犯人を撃てないと言っていたエド、最後の決断が見ていて胸を打った。(胸を打つも、日本人的な感覚としては私刑はちょっとウームではある。ま、エドが清濁併せ呑む決意をしたということなのかな?と思い消化。このへんの理解は原作読む必要が?)

見ていて何よりオオっ!となったのはやっぱりロロトマシ!
エドがロロトマシの話をしだした時にはエピソードはともかく名前?はてな?と思ったのがまさかの伏線だった時にはゾクゾクした。

そしてキム・ベイシンガーの美しさ。これで名前を覚えたんだった。

面白かった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ